スーツの豆知識

ジャケパンのグレーコーデ特集!ジャケット&パンツ選びのコツと着こなしを伝授!

スーツの豆知識

グレーは定番色で、いろいろなコーデができるのが魅力になります。

カジュアルな雰囲気のあるジャケパンでのグレーの使い方のポイントをチェックしよう。

同時に、ジャケットやパンツ単体で、他の服とどのように着こなしたら良いかも紹介していきます。

スポンサーリンク

ジャケパンのグレーコーデを着こなすポイントとは?

ジャケパン グレー

ジャケパンはアンコンストラクションで柔らかい印象を与えるジャケットなので、カジュアル色が出ていろいろなシーンで着ることができる一方、グレーカラーは様々なスタイルやシーンに合わせられるのが特徴です。

こうした両者のメリットを生かして自由にコーデしていきたいものです。

グレーのスーツ特集!シャツは青シャツ?ピンクシャツ?靴も含めた今旬のコーデとは?
グレースーツのおしゃれコーデを徹底解説!シャツやネクタイをはじめ、靴も加味した全身コーデを公開!グレースーツと言えば、ネイビースーツに次ぐ定番カラーとして人気も高く、ブルーのワイシャツや、ピンクのワイシャツとも合わせやすいスーツとして有名です。そんなグレースーツのコーデをイタリアオヤジのかっこいい着こなしから学びます。

グレーのジャケパンコーデでは誠実なイメージを前面に出せ!

全体としては、色の特徴から落ち着いた誠実なイメージを前面に出すのが良いでしょう。

たとえばシャツをホワイトやブルーにして、清潔感があるコーデにまとめて好感度アップを狙えます。

ジャケットのスタイルは2つボタンか3つボタンのものをチョイスして、キレイ目に装うのがジャケパンコーデのポイントになります。

このように、ジャケパンはソフトな印象がありつつもカッチリとしたイメージも出せるので、そのバランスをうまく保つようにしてみよう。

グレーのジャケットを上手に着こなすためのポイントや選び方とは?

ジャケパン グレー

グレーカラーは定番で、全体的に渋めで落ち着いた雰囲気を出せるのが特徴になるとはいえ、そのトーンによって多少の違いが出ます。

ライトトーンのグレーカラーで合わせるポイントとは?

ライトトーンであれば軽やかでさわやかな雰囲気を前面に出すことができるので是非トライしてみよう。

チャコールグレーになると渋さが出てきて、大人の男性の魅力を引き出すのに優れた着こなしができるのがメリットになります。

ダークトーングレーカラーで合わせるポイントとは?

ダークトーンになると、引き締まったイメージが強いのでフォーマルな装いやモード系のスタイルにまとめるのに適しています。

チェックなどの柄が入ってもそれほどしつこく感じられないので、適度にソフトさを醸し出しながら落ち着いた印象にまとめられるのも、このカラーの良さになります。

トーンだけじゃない!ジャケットはサイズ感にも拘ろう!

トーンに加えて、このタイプのジャケットではサイズ感にこだわりたい。

オーソドックスな色である分、体型にフィットしているかどうかは大事な要素となります。

特に、濃い目のトーンの場合は引き締まった印象が強くなるため、サイズが大きすぎると色とのバランスが悪くなり、何となくダサい見た目になってしまいます。

ライトトーンであれば柔らかいイメージが強くなるので多少ゆったりしたフィッティングでも構わないのですが、明るくなる分膨張色に近くなり、シルエットが大きく見えることは意識してコーデを組み立てるようにしてみよう。

スーツやパンツの丁度良い丈の長さはこれ!短い裾の流行も加味して解説!
ちょうど良いスーツやパンツの丈について、短めの流行も加味して徹底解説します!スーツの着丈や裾丈の基準は、時代と共に流行が変わってきます。現在はスーツの着丈や裾は短めが主流で、パンツ丈も短めが一般的化しています。短めが流行りとされている中、どのぐらいの丈にすべきかの基準について、画像もまじえ分かり易く解説していきます。

グレーのパンツで大人の着こなしを試したいなら!

ジャケパン グレー

パンツもこの色にすると、シックで落ち着いた雰囲気になります。
たいていの色のトップスに合わせることができるので、とても便利で使い勝手が良いのが特徴です。

パンツ選びのポイントはこれ!

パンツの場合もジャケットと一緒で、色のトーンとサイズ感によって着こなしを変えることができ、ダークトーンだとフォーマル感が強くなるので、モード系のファッションやビジネスシーンに用いる機会が多くなります。

ライトグレーもシックなイメージが強いのでビジネス向けの装いとして使えますが、ゆったりサイズであればカジュアルでも使い回せます。

トップスとの組み合わせも肝心!

パンツの場合は、トップスとの組み合わせも十分に考える必要があります。
基本的には上下の色もしくはトーンの対比を取って、アクセントを付けるのが基本となります。

トップスが濃紺やダークグレーなどの濃い色であれば、パンツはライトトーンにしてさっぱりとした印象でまとめるのが良いでしょう。

一方で、トップスにホワイトのシャツや明るめのブルーを持って来るのであれば、パンツは多少濃い目のトーンにした方がメリハリが付いて、バランスの良いコーデとなるので押さえておこう。

シャツの種類を総まとめ!ワイシャツやTシャツの襟・生地・形の種類とは?
シャツの種類を徹底解説!シャツには王道と称されるYシャツから、カジュアルの極致ともいえるTシャツ等、様々な種類があります。襟やネック、カフスといったパーツの違いに留まらず、生地の織り方やデザイン、プリーツやテールの違い、カラーの有無等様々な切り口で、どんな種類のシャツがあるのかを、集大成として総まとめしました。

\あなたに今おすすめ/