ブランド小物

ホワイトハウスコックス(whitehousecox)の全貌とは?人気バッグや店舗情報を解禁!

ブランド小物

今回はホワイトハウスコックス(Whitehousecox)の歴史や年齢層別おすすめアイテムを紹介致します!

気になる評判から修理・メンテナンス情報まで一挙大公開しています。
是非最後までお付き合いください。

歴史的背景やブランドのイメージとは?

ホワイトハウスコック whitehousecox 店舗

ホワイトハウスコックス(Whitehousecox)は1875年創業の老舗で、馬具を取り扱うイギリスのメーカーです。

馬具は耐久性が求められることから、丈夫な革の取り扱いに長けていて、そこからバッグや財布などの提供に繋がっています。

ハイブランドのようなイメージではありませんが、良質な高級アイテムを取り扱うメーカー、ブランドという印象が強いです。

また、職人が伝統技術で1つずつ丁寧に作っていて、その点は創業当初から現代に至るまで一貫しています。

ロゴやマークの意味も押さえておこう!

ホワイトハウスコック whitehousecox 店舗

ホワイトハウスコックス(Whitehousecox)のロゴは、名前の上にハウスのマークを組み合わせたデザインで、飾り気はなく自己主張も強くないのが特徴です。

しかし、設立1875年と控えめに入る文字は誇らしげで、100年以上の歴史を感じさせるポイントです。

今ではイギリスロンドンだけでなく、ヨーロッパ各地やアジア圏でも、ホワイトハウスコックス(Whitehousecox)の名前は浸透しています。

長い歴史と共に真面目な物づくりが続けられてきたからこそ、幅広く認められていると考えられます。

ホワイトハウスコックス(Whitehousecox)の特徴とは?

ホワイトハウスコック whitehousecox 店舗

ホワイトハウスコックス(Whitehousecox)の特徴は、耐久性と美しさを追求した結果、ブライドルレザーを積極的に使用している点が挙げられます。

馬具用のニーズから生まれたブライドルレザーは、天然皮革の魅力を長く味わえる、経年変化が楽しめる素材です。

耐久性 寿命の長さは申し分ありませんし、大切に扱えば期待に応えてくれるでしょう。

気になる年齢層や値段の相場もチェック!

ホワイトハウスコックス(Whitehousecox)を好む年齢層は30代から40代が中心ですが、20代でも気軽に利用できるほど、カジュアルな魅力を併せ持ちます。

値段はアイテムの種類にもよりますが、5万円未満でも選択肢の幅が広く、価格に対する満足度の高さが優れます。

革質に対し縫製が甘いという評判はありますが、そこを含めてホワイトハウスコックス(Whitehousecox)の個性となっています。

セカンドラインはイギリス生産ではない?

またホワイトハウスコックス(Whitehousecox)にはセカンドラインがあって、本場イギリスの生産ではないですが、その分より手頃に魅力的な革製品が手に入ります。

セカンドラインを用意することで、更に幅広い層に製品を提供する、そういったブランドの方針や方向性が窺えます。

【必見】長く愛用したいなら修理情報も要チェック!

ホワイトハウスコック whitehousecox 店舗

ホワイトハウスコックス(Whitehousecox)では、本国イギリスに送ることで、バッグ修理や財布修理が受けられます。

修理期間は状況にもよりますが、少なくとも2ヶ月は見ておいた方が良いでしょう。
修理可能かどうかは、実物を確認して判断されますから、その可能性もあることに留意が必要です。

並行輸入品は対象外!修理は5,000円〜20,000円前後まで!

料金は目安が公開されていて、例えばバッグ修理のステッチ補修は税抜5千円、財布修理のステッチ補修は2万円前後となります。

送料や手数料は別途発生しますし、並行輸入品は対象外ですから、この点に要注意です。

お手入れの方法についても確認しておこう!

ホワイトハウスコック whitehousecox 店舗

普段のお手入れは、乾拭きをして埃や手垢を取り除くだけで十分です。

一方で、きになる傷みのメンテナンスにはホワイトハウスコックス(Whitehousecox)純正のバームやブラシを使い、ブラッシングして少量のクリームをブラシで馴染ませるだけです。

最後に柔らかいウエスで乾拭きすると、傷みや汚れが綺麗になって、美しい色味や光沢が戻ります。

エイジングはダメージではなく変化を楽しむものなので、水がついたら拭いて乾かす、落としたり乱暴に扱わないなどの注意が大切です。

ホワイトハウスコックス(Whitehousecox)のおすすめバッグ3選はこれ!

ホワイトハウスコック whitehousecox 店舗

ホワイトハウスコックス(Whitehousecox)で、スーツに合う年代別のおすすめメンズバッグは、20代から40代に分けられます。

そこで今回は年代別に人気おすすめアイテムを一部抜粋して紹介していきたいと思います。

1)若い方におすすめのスモールショルダーバッグ!

ホワイトハウスコック whitehousecox 店舗

20代にはスモールショルダーバッグが人気で、ややカジュアル寄りながらも、良質な質感とタブレットも余裕で入る収納性を兼ね備えます。

デザイン的にはシンプルですが、細部に拘りが見られますし、長く愛用できる耐久性があるので安心です。

2)機能性が優れる!30代にはラージトートバッグがおすすめ!

ホワイトハウスコック whitehousecox 店舗

30代はラージトートバッグに人気が集まっていて、大きく収納性に優れていますが、価格が手頃で満足感が高いと好評です。

内側には両サイドにポケットがついていますし、A4サイズが余裕で入りますから、書類やノートパソコンを運ぶのに便利です。

大きめで存在感はあるものの、質の良さやブランドの魅力を感じさせるので、30代に人気なのも納得です。

3)40代にはイカしたブリーフケースがおすすめ!

ホワイトハウスコック whitehousecox 店舗

40代はブリーフケースが狙い目で、価格帯こそ10万円以上ですが、その分ホワイトハウスコックス(Whitehousecox)の全てが味わえます。

全面にブライドルレザーが使われていますし、アクセントにもなる真鍮製の錠前はロック機能つきで実用性があります。

公式店舗や取り扱い店舗情報も紹介!

ホワイトハウスコック whitehousecox 店舗

ホワイトハウスコックス(Whitehousecox)の、東京 銀座にある公式店舗を中心に、全国各地に取り扱い店が点在しています。
北は北海道の札幌と函館を始めとして、青森に秋田や岩手にも、少なくとも各地に1店舗ずつ存在します。

また、宮城には取り扱い店が10店ほどあるので、札幌と同等の入手性があるといえるでしょう。
福島の3店と茨城の1店に、栃木の2店と群馬の1店など決して多くはないものの、関東以北にも店舗が点在している状況です。

対して、関東地方は埼玉に7店、千葉に5店と、東京には何と50店舗近い取り扱い店が充実しています。

神奈川や長野に新潟と、富山や石川も割と店舗数が比較的多い地域で、関東以南では、愛知の名古屋と京都や大阪、そして兵庫と広島や福岡に、取り扱い店舗が多くあります。

南は沖縄地方まで網羅されていますから、ホワイトハウスコックス(Whitehousecox)は日本国内のほぼどの地域でも入手可能で、愛用して楽しめることを意味します。

取り扱い店舗数は全国270店以上となっていて、地域にお店の偏りがあるにしても、お店で実物を確かめるチャンスがあるのは魅力的です。

まとめ

今回はホワイトハウスコックス(Whitehousecox)について、ブランドの歴史や年齢層別に抑えておきたいおすすめアイテムを中心に紹介させて頂きました。

気になる評判や、修理・メンテナンス方法についても簡易的に紹介させて頂いておりますので、是非既に保有済みの方もそうでない方もご参考にして頂けたらと思います。

また、ビジネスシーンでも、プライベートシーンでもホワイトハウスコックス(Whitehousecox)のアイテムは重宝出来る商品が多いので、是非この機会に全国の公式店舗へ足を運んでみては如何でしょうか?

\購読者特典プレゼント中/