カミチャニスタは高コスパ!タイトフィットのサイズ感や評判が凄い!

路面店はおろか、百貨店などでのコーナーショップといった実店舗がなく、ネット通販のみでの取り扱いという、これまでの消費の常識を覆えす販売方法を ビジネスシャツで行っているブランドがカミチャニスタ(CAMICIANISTA)です。
カミチャニスタ(CAMICIANISTA)は、イタリアの製法を取り入れた丁寧な縫製と質の高さに加 え、1着5,000円からという高いコスパを誇る各種シャツを販売しています。
独特の縫製や、消費者の好みに合わせたシャツスタイルの採用、おすすめのシャツなどから、評判の良さや人気が高い理由を探ってみました。

スポンサーリンク

実店舗無し!ネット通販でしか入手不可のカミチャニスタ(CAMICIANISTA)とは?

カミチャニスタ(CAMICIANISTA)のシャツ

出典:https://camicianista.com

カミチャニスタ(CAMICIANISTA)は、ストラスブルゴやキートンなどを展開するファッションカンパニー、リデア株式会社により2009年にネット通販でスタートしたブランドです。

カミチャニスタ(CAMICIANISTA)とはイタリア語がベースの造語

ブランド名のカミチャニスタ(CAMICIANISTA)とは、「シャツを愛する人、シャツが似合う人」 という意味を込めた、イタリア語のシャツを意味するカミーチャ(CAMICIA) からの造語。

シャツ作りに対する本物の熱意があるカミチャニスタ(CAMICIANISTA)

造語ながら、カミチャニスタ(CAMICIANISTA)のシャツに対する熱意は本物で、イタリアの高級シャツが持つシルエットや細かいポイントだけでなく、仕立ての技法を活かしたシャツ作りに表れています。

カミチャニスタ(CAMICIANISTA)のシャツへの拘りに対する評判は?

カミチャニスタ(CAMICIANISTA)のシャツ

出典:https://www.mens-ex.jp

そんなカミチャニスタ(CAMICIANISTA)が本物志向のブランドであることは、テクニカル・ディレクターにフィレンツェ出身のレジナルド・ブジェッリが就いていることでも分かります。
本場イタリア仕立て服の伝統と文化を受け継ぐブジェッリのもと、カミチャニスタ(CAMICIANISTA)は、拘りのシャツを作り続けているのです。

イタリアの高級シャツにも匹敵すると評判のカミチャニスタ(CAMICIANISTA)

カミチャニスタ(CAMICIANISTA)のシャツ

カミチャニスタ(CAMICIANISTA)の拘りは、着心地の良さや装いの美しさという観点からシャツを作っていること。
この拘りにより、イタリアの高級シャツにも匹敵するようなエレガントでフィット感十分と評判のシャツが生み出されているのです。

カミチャニスタ(CAMICIANISTA)の評判を支える拘りとは?

カミチャニスタ(CAMICIANISTA)

カミチャニスタ(CAMICIANISTA)ならではのシャツへの拘りとは、どんな点なのか見てみましょう。
一番大きな特徴は、シャツの袖を身ごろに後付け縫製していることです。

カミチャニスタ(CAMICIANISTA)のシャツ袖は後付け縫製

カミチャニスタ(CAMICIANISTA)のシャツ

出典:https://camicianista.com

簡易縫製でのシャツ作りは、脇の下の袖の付け根から身ごろの脇に当たる部分へとつながった縫い方がなされています。
つまり、身ごろと一緒に袖を縫い付けるわけです。
この縫い方だと、腕を動かした際、袖の動いた部分により身ごろの脇が引っ張られる感じになり、窮屈さを感じます。

カミチャニスタ(CAMICIANISTA)の後付け縫製の袖がフィット感を生む

カミチャニスタ(CAMICIANISTA)のシャツは、脇の下の袖の付け根部分と身ごろの脇部分が直線ではなく、シャツのサイズに応じたズレ方をしています。
このズレにより、腕を動かしても身ごろが大きく引っ張られることはなく、自然なフィット感を得られつつ、腕を動かせるのです。

シャツのボタンに最高級の本白蝶貝を使うカミチャニスタ(CAMICIANISTA)

カミチャニスタ(CAMICIANISTA)のボタン

出典:https://camicianista.com

カミチャニスタ(CAMICIANISTA)の拘りその2は、シャツのボタンに最高級品と言われる本白蝶貝を使用しているいること。
プラスティックのボタンが多い中、高級感ある本白蝶貝により、シャツが引き立つのです。

前後の身ごろの合わせの最下部にガゼットがあるカミチャニスタ(CAMICIANISTA)

カミチャニスタ(CAMICIANISTA)のシャツ

出典:https://camicianista.com

カミチャニスタ(CAMICIANISTA)の拘りその3は、シャツの前身ごろと後みごろを合わせている最下部にガゼットがついていることです。
いわゆる補強布で、たいてい五角形をしており、縫い合わせた前と後ろの身ごろが裂けてしまわないように付けられています。

ガゼットはシャツ作りの伝統に敬意を表して

縫製技術が進んでいるため、合わせ目から避けることはまずありませんが、シャツ作りの伝統に敬意を表するとともに技術を受け継ぐという観点からカミチャニスタのシャツにはガゼットが付いているのです。

スプリットやサイドダーツなどカミチャニスタ(CAMICIANISTA)ならではの特徴も

このほか、ジャケットなど上衣を着た際に胸元にシワがよりにくいスリムフィットや、美しい襟元を構成する高めの前台襟といった特徴があります。
背中部分も動きやすいようにスプリットとサイドダーツが入っているのも、イタリアの高級シャツを模した、カミチャニスタ(CAMICIANISTA)ならではでしょう。

スポンサーリンク
data-matched-content-ui-type=”image_stacked”data-matched-content-rows-num=”2”data-matched-content-columns-num=”8”
ブランドシャツ
Wealthy Class