ブランド革靴

エドワードマイヤーの価格感や評判とは?気になる情報を総まとめ!

ブランド革靴
スポンサーリンク

ドイツの名門!エドワードマイヤー(Eduard Meier)の革靴について、価格感や評判をなど気になる情報を総まとめしています。
ドイツで創業され、400年以上の歴史を誇る、エドワードマイヤー(Eduard Meier)はドイツ王室の御用達ブランドとしも有名です。
何故エドワードマイヤー(Eduard Meier)は高級革靴ブランドといて、世界中のセレブに愛され、確固たる地位を築き続けられるのか、その人気に秘めた拘りと最大の魅力を解説していますので、是非最後までお付き合い下さい。

まずはエドワードマイヤー(Eduard Meier)の歴史に迫る!

エドワードマイヤー(Eduard Meier)

エドワードマイヤー(Eduard Meier)は、ドイツのミュンヘンで1596年に創業されたまさに400年以上もの非常に長い歴史を持つセレブ愛用の高級靴ブランドです。
現状販売されている世界においても最古といわれています。
履き心地について深く追及されており、1920年代にはシューズを履いた足の状態を確認する事ができる足透視器を開発されてきました。
ドイツは元々整形外科靴の分野において世界でも最高峰レベルの技術ノウハウを誇っている国ですが、現在のエドワードマイヤー(Eduard Meier)でも整形外科医的な見地を取り入れられており、ペドフォームラストという左右非対称の概念の商品を独自開発され、足なりに忠実なフォルムを持って土踏まずを絞り込むように足をしっかりホールドするため、つま先にゆとりが生まれて足指を自由に動かすことができます。
まさに快適さを求めたシューズを提供されているのです。快適さという観点を持ち合わせながらも、ドレスシュ―ズとしての美しさを兼ね備え、追求を重ねられた事で今では世界に愛されるブランドとして確立されています。

エドワードマイヤー (Eduard Meier)の革靴の特徴とは?

エドワードマイヤー(Eduard Meier)

出典:https://shoeandbuziness.blogspot.com/

エドワードマイヤー(Eduard Meier)の商品は、とにかく前述の通り履き心地の良さを追求されているというのが大きな特徴です。
ブランドの主流となっているペドフォームラスト採用の商品は、サイズ感もぴったりで履き続ける内にさらに足に良く馴染んでしなやかになり、長時間歩き続けても疲れにくく快適です。
足に負担のかからない靴を求めて、世界中にたくさんのファンがいらっしゃいます。

【靴のサイズ表記】UK・US・EUインチについて換算表を公開!
靴のサイズ表記について、UK・US・EUインチや海外のサイズについて換算表を紹介!靴のサイズは近年オンラインショップ等で便利に購入出来るようになる一方、アメリカ・イタリア・イギリス等の所謂ヨーロッパサイズや各々国ごとにサイズ表記が異なり、サイズの選び方に悩むケースが多々あります。そんな悩みを解決すべく換算表を大公開!

何故エドワードマイヤー (Eduard Meier)はドイツ王室の御用達?

エドワードマイヤー (Eduard Meier)は、ドイツ王室ご用達であり、上流階級向けに製作されてきただけあり、デザイン性も優れた美しいドレスシューズが揃います。
中でもエドワードマイヤー(Eduard Meier)の最高峰に属するレッドタンラインは、世界のドレスシュ―ズの中でも非常に高クオリティーな逸品です。
クラシックかつ美しいフォルムに心打たれるファンは少なくありません。
大小の穴を組み合わせたパーフォレーションや靴のつま先部に付けられた小さな穴の模様であるメダリオンの配置は、精巧に作られており繊細なデザインが大変魅力となっています。

エドワードマイヤー(Eduard Meier)の気になる評判は?

エドワードマイヤー(Eduard Meier)

エドワードマイヤー(Eduard Meier)の商品はドレスシューズとして、セレブから多く愛用されていますが、シーンは特に選びません。
ドレスシューズとしてスーツに合わせるのみならず、デニムやチノパンなどと言ったカジュアルスタイルにも合わせやすい普段用にも使えるデザインのシューズも豊富に揃えています。
開業当初はビスポークシューズを販売されてきましたが、今では世界的にも世界最高峰の既製靴ブランドとなっており、評判が高いブランドです。
美しいデザイン、形、履き心地の三拍子が揃った既製靴ブランドは、他に類を見ません。

スーツと革靴の組み合わせ!おしゃれブランドや革靴の種類や色を解説!
スーツに合わせる靴のおしゃれな組み合わせについてイタリアコーデをまじえ紹介!気になるあのブランドや、そもそもの革靴の種類や色など幅広く掲載中!

エドワードマイヤー(Eduard Meier)の価格とは?

エドワードマイヤー(Eduard Meier)

エドワードマイヤー(Eduard Meier)の価格相場は、ラインによって分かれていますが、メインラインであればおよそ900ユーロ~で購入できます。
お値打ちなPurpleTongueラインやBlueTongueラインは、400ユーロ~500ユーロ辺りの金額で購入する事も可能です。
値段の差は主にアッパーの質によって変わりますが、基本的にグッドイヤーかハンドソーンで製作されています。

エドワードマイヤー(Eduard Meier)の公式店舗情報も紹介!

エドワードマイヤー(Eduard Meier)

エドワードマイヤー(Eduard Meier)の靴は公式には日本で購入する事はできません。
日本では正規代理店が未だ提供されていないのです。
エドワードマイヤー(Eduard Meier)の公式の靴が欲しいのであれば、やはりドイツのミュンヘンの店舗に向かうのが確実です。
ミュンヘン市内の観光地としても有名なミュンヘン・レジデンツの東側に立地した通りにあります。
お店の1階にはビスポークや靴のメンテナンスが可能なフロア展開がされており、職人の方がメンテナンスなどをされている様子が見られます。
革靴の商品が陳列されているのは実質2階部分になりますので、既製靴を求めている方は2階に向かいましょう。
なかなかミュンヘンに行くのが困難な方は公式ではありませんが、国内の通販でも中古品であれば購入する事ができます。
某大手総合ショッピング通販サイトでブランド名を入れて検索をすると、中古品を見つけることができます。
第三者が使用している商品ではありますが、新品よりもお求めやすく手に入れることができるので、状態の良い物を見つけることができれば大変おすすめです。

まとめ

エドワードマイヤー(Eduard Meier)

エドワードマイヤー(Eduard Meier)は、400年もの歴史を誇る世界最高峰の既製靴ブランドであり世界のみならず、国内にもわざわざドイツの店舗に訪れるほどファンがいらっしゃる高級靴ブランドです。
ドレスシューズに、そして普段履きにも活用できる高いデザイン性はおしゃれな男性には見逃せない一足です。
さらに独自で開発されたペドフォームラストによって、土踏まずをしっかり固定することで最高のフィット感を得ることができます。
長時間立ち仕事をされるビジネスマン、終日外回りをされているビジネスマンの方にとっても、履いていて疲れる事のない履き心地は、一度履いたら他のブランドには代えられないほどの快適さを実現しています。
歩行を考えたラストの設計は、エドワードマイヤー(Eduard Meier)の大きな特徴の一つです。
日本でいうと戦国時代に当たりますが、すでにこの時には確立されてきた歴史ある老舗ブランドとして大きな信用と信頼を寄せられるメーカーであると言えます。

・価格:972円(税込 )

・価格:3,240円(税込)