ブランドスーツ

5分で丸分かり!ディオール(Dior)スーツの全貌!気になるオーダーの値段とは?

ブランドスーツ

ディオール(Dior)のメンズスーツについて人気の裏側を徹底解剖致します!

また、ディオール(Dior)の歴史的な背景やデザイナー情報をはじめ、ディオール(Dior)のスーツに関する、気になる評判や価格帯についても、解説していきます。

意外と公開情報の少ない、オーダースーツ情報についても、詳細を詳しく紹介しておりますので、是非最後までお付き合いください。

スポンサーリンク

ディオール(Dior)の歴史について!

ディオール Dior スーツ

ディオール(Dior)は2001年秋冬のパリコレクションからクリスチャンディオール(Christian Dior)のメンズラインとして発足たブランドです。

クリスチャンディオールとしての歴史は非常に長いですが、ディオール(Dior)として設立されたのは極めて最近です。

発足以前は、「ディオールムッシュ(Dior MONSIEUR)」というメンズラインがありましたが、当時はクラシカルでコンサバティブなブランドで、現在のようなメンズファッションを牽引するようなブランドではありませんでした。

そこで、低迷していたメンズラインから新たに誕生したのがこのディオール(Dior)になります

ディオール(Dior)のディレクターはエディスリマンが手掛ける!

ディオール Dior スーツ

 ディオール(Dior)は、当時イヴサンローラン(Yves Saint Laurent)で、メンズ部門デザイナーを担当していたエディスリマン(Hedi Slimane)がブランド立ち上げのディレクターに就任することになり、 ディオール(Dior)の名を世界に轟かせることになります。

エディの手掛けるディオール(Dior)は、黒の色彩を基調としたレザーのタキシードや細身のジャケット、スキニーパンツを中心としたコレクションで、ストリートファッションが主流だった当時のメンズファッションでは考えられない非常にタイトなシルエットの作品を発表しました。

【芸能人愛用】サンローランのバッグ完全版!年齢層別の人気アイテム総まとめ!
サンローラン(Saint Laurent)のメンズバッッグ特集!芸能人も愛用し幅広い年齢層から評判が高い、サンローラ(Saint Laurent)ンのバッグを徹底解説しています!ビジネス仕様からプライベート仕様まで幅広く活用可能なバックパックやブリーフケースなど…サンローラ(Saint Laurent)ンのバッグの驚愕の特徴や魅力を総まとめしています!

あのクリスヴァンアッシュが ディオール(Dior)を牽引!

そんなエディによるディオール(Dior)は、2007年秋冬コレクションで終わりを告げ、2007年4月から新たにディオールオムのクリエイティブディレクターに現デザイナーのクリスヴァンアッシュ(Kris Van Assche)の就任が発表されます。

クリスはディオール(Dior)の立上げ当時、エディのアシスタントをしており、自身のブランドの設立の2004年までディオールオムに在籍していました。

ディオール(Dior)のスーツが世界的に評価され始めたタイミングとは?

そして、2012年秋冬シーズン辺りから、より一層クラシカルでスーツに重きを置いたコレクションにシフトしながら、ムッシュクリスチャンディオールの手紙をモチーフにしたり、ムッシュが好んでいた鈴蘭をモチーフにしたりと、ムッシュをリスペクトするようなデザインを取り入れたりと、現在に至るまで成長を続けています。

ディオール(Dior)は多くのデザイナーが関与し歴史を構築!

現デザイナーのクリスヴァンアッシュがアシスタントしていただけでなく、現ランバン(LANVIN)のメンズデザイナーのルカ・オッセンドライバー(Lucas Ossendrijver)、ニコラアンドレアタラリス(Nicolas Andreas Taralis)といった優秀なアシスタントがいたことも人気を博した要因かもしれません。

ランバン(LANVIN)のスーツが幅広い年齢層に選ばれる3つの理由とは?
購入前に知っておくべきランバン(LANVIN)のメンズスーツについてその全貌に迫ります!多くの芸能人も愛用し、幅広い年齢層に選ばれ続けている驚愕の3つの理由について徹底解説致します!ランバン(LANVIN)のセカンドライン・各コレクション情報や、東京の銀座をはじめ全国の公式取り扱い店舗も紹介しております!

\あなたに今おすすめ/