ジュエリー

炭素から作られるダイヤモンド!石炭との違いは圧力にあり?驚愕のカラクリを大公開!

ジュエリー

ダイヤモンドの元素は炭素で、炭素は石炭や鉛筆の芯の元素としても知られています。

しかし、作り方における大きな違いは、製造過程に受ける圧力です。

現在は人工ダイヤモンドが作れますが、人工のものでも製造における圧力は必要不可欠な要素です。

そこで、今回は石炭との違いや製造工程の裏に秘めたカラクリを、分かりやすく解説していきます。

今おすすめしたいダイヤモンドアイテム6選についても、紹介しているので、是非ダイヤモンドの豆知識とともに、参考にしてみてください。

月刊誌Lightningにも掲載され
SNS界隈でも注目を集める『OTOKODIAMOND』
フォーマルからカジュアルまで、男のダイヤモンドが
\あざとかわいい女子から可愛いを誘う!/

▶︎詳細はこちらから
スポンサーリンク

石炭からダイヤモンドは作られる?

石炭 ダイヤモンド

タイヤモンドは、炭素(C)という元素のみでできています。

一つの元素だけで作られているのはダイヤモンドだけで、同じ元素が隙間を作らずに規則正しく並んでいるため、高い硬度を実現しています。

このダイヤモンドを作っている元素となる炭素は、実は石炭とか鉛筆の芯などの素材にもなっています。

そう考えると、石炭や鉛筆の芯からダイヤモンドができるのかな?と考える人がいるかもしれません。

確かに、炭素という元素で作られているという点では、石炭も鉛筆の芯も、そしてダイヤモンドも共通しています。

しかし、同じ原子でも並び方が全く異なるため、これらは見た目も性質も、そして硬度も異なります。

意外と知らないDiamondの読み方!ダイヤ?ダイア?その違いを解説!
ダイヤモンドとダイアモンドは、どちらもDiamondのことです。 文部科学省の表記によるとダイアモンド、メディアの表記によるとダイヤモンドが一般的ですが、どっちを使っても意味に違いはありませんし、同じ石のことを表しています。

天然ダイヤモンドに圧力は不可欠!その作り方とは?

石炭 ダイヤモンド

天然のダイヤモンドは、地球のプレートという強大な圧力の下で、何万年も圧縮されて作られます。

しかし、圧力だけがあれば、炭素がダイヤモンドに変身するわけではありません。圧力に加えて、マグマのような高熱も、ダイヤモンドが作られる際には必要不可欠な要素です。

人工ダイヤモンドの誕生秘話!

ダイヤモンドは自然環境の中で作られる鉱石ですが、この圧力と高温という2つの条件を満たせば、人工的にダイヤモンドが作れるのではないかと考えたのが、アメリカのゼネラル・エレクトリック社でした。

ゼネラル・エレクトリック社は、ダイヤモンドが作られる条件を人工的に作り出し、1400度から1600度という高温、そして5500気圧という圧力を炭素にかけ、ダイヤモンドを作ることに成功しました。

これが、人類で最初に作られた人工ダイヤモンドです。

人工ダイヤモンドは研磨剤の材料としても利用されている!

ただし、1年という長い時間をかけて、出来たダイヤモンドは若干20mm程度でした。
この作り方はコスパが悪かったのです。

その後、衝撃圧縮法という方法が考案されました。
石炭に高圧を瞬間的にかけると飛び散った炭素のうち、いくつかがダイヤモンドになるというものです。

この方法で人工的に作られるダイヤモンドは、肉眼では見えないほど小さなサイズですが、工業用や研磨剤の材料として使われています。

えっ?世界一硬い石はダイヤモンドじゃないって本当!?
ダイヤモンドは世界一硬い石として知られています。 しかし実際には、ダイヤモンドよりも硬度が高い石があり、宝石としての価値を見いだせる可能性を秘めた鉱物も多く存在しています。 そこで、ダイヤモンドの硬さの実態や、それらを決定付ける評価基準について分かりやすくシンプルに解説し、ダイヤモンドより硬い鉱物3選紹介していきます。

天然と違いがつかない人工ダイヤモンドの作り方!

石炭 ダイヤモンド

現在、人工ダイヤモンドの製造方法には、いくつかの種類があります。

その中でも、天然のダイヤモンドと大きな違いがないものは、プラズマを使った気相合成法という製造方法です。

これは、固体・液体・機体という物質の三態を大きく超えたプラズマの状態を利用します。

人工ダイヤモンドを作るために不可欠な要素!

人工ダイヤモンドをこの方法で作る際には、メタンガス(CH4)と水素ガス(H2)を混ぜたものを、800℃かつ3分の1気圧という環境に置き、エネルギーを使ってプラズマ状態を作り出します。

そうすると、メタンガスの元素であるCとHがバラバラになり、Cがダイヤモンドと同様の構造に並んでダイヤモンドを作り出すというものです。

世界最大のカリナンダイヤとは?大きさや驚愕の値段には理由があった!
数々のダイヤモンドが流通されている中、世界最大のダイヤモンドについては大変興味深いことだと思います!そこで、世界最大のカリナンダイヤとは?をテーマに、驚愕のお値段や大きさをはじめ、気になる特徴を分かりやすく解説しています。加えて今話題のおすすめダイヤモンドアイテム6選も厳選し紹介しているので是非参考にしてみて下さい。

人工ダイヤモンドが増産されるとどうなる?

石炭 ダイヤモンド

現在、天然のダイヤモンドはデビアス社によって、採掘量から流通量までが一元管理されています。

こうすることによって、ダイヤモンドが市場に流通する量が多くなりすぎないように管理調整ができ、ダイヤモンドの市場価値を一定に維持することが可能となります。

注目!デビアス社のダイヤモンド事業が凄い!

デビアス社は世界中にあるダイヤモンド鉱山を所有しており、このダイヤモンド事業に力を入れています。

しかし、人工ダイヤモンドが製造できるようになると、市場への流通量を調整することが難しくなってしまいます。

人工ダイヤモンドの研究については、各国が力を入れて開発研究に取り組んでいます。

中でも研究開発が進んでいるのはアメリカと中国で、既に本物と見た目が変わらない人工ダイヤモンドを製造販売している会社もあるほどです。

プロが見ても見分けがつかない人工ダイヤモンド!

人工ダイヤモンドと天然ダイヤモンドは、プロが見てもどちらが天然かを区別するのが大変なほど、見た目から性質までとても良く似ています。

ダイヤモンドを愛する人の中には、地球で作られた天然のものだからこそ価値があると考える人もいれば、人工的に作られたダイヤモンドに対して興奮を覚える人もいます。

世界最大のカリナンダイヤとは?大きさや驚愕の値段には理由があった!
数々のダイヤモンドが流通されている中、世界最大のダイヤモンドについては大変興味深いことだと思います!そこで、世界最大のカリナンダイヤとは?をテーマに、驚愕のお値段や大きさをはじめ、気になる特徴を分かりやすく解説しています。加えて今話題のおすすめダイヤモンドアイテム6選も厳選し紹介しているので是非参考にしてみて下さい。

人工ダイヤモンドと天然ダイヤモンドの区別が重要!

そのため、近い将来には、ダイヤモンドといっても、天然のものなのか人工のものなのかを指定しなければいけない時代が来るかもしれません。

そのための対策として、天然のダイヤモンドとしっかり区別をつけることが、今後のダイヤモンド業界においては大切なことだと考えられています。

今後は、ダイヤモンドの種類について、検出・開示・差別化を徹底することが求められていくでしょう。

今おすすめしたい人気アイテムはこれ!

石炭 ダイヤモンド

OTOKO DIAMONDが取り扱うダイヤモンドジュエリーの中でも、どんなアイテムが人気なのか?

今おすすめしたいリッチなジュエリーを編集部が厳選しPICK。

フォーマルの新定番!男の襟元に差をつけるダイヤモンドパーチ!

石炭 ダイヤモンド

OTOKO DIAMONDのダイヤモンドパーチは、オシャレにダイヤモンドを身につけたい男性に大人気のアイテム。

ブラウンカラーのダイヤモンドにプラチナやゴールドを合わせた、本物志向のダイヤモンドジュエリーは、シンプルで洗練された男にとって魅力的な要素がふんだんに詰まった仕上がりとなっている。

使用しているダイヤモンドは、天然のブラウンダイヤモンドで、カットはアイテムによってラウンドブリリアントカットやスクエアカットなど多彩なカッティングが施されている。

DIAMOND PARCH_プリンセスカット(0.12ct)PT900〈無色〉

石炭 ダイヤモンド
▶︎詳細はこちらから

DIAMOND PARCH_ラウンドブリリアントカット(0.33ct)PT900〈シャンパンブラウンカラー〉

石炭 ダイヤモンド
▶︎詳細はこちらから

DIAMOND PARCH_ラウンドブリリアントカット(0.34ct)K18PG〈シャンパンブラウンカラー〉

石炭 ダイヤモンド
▶︎詳細はこちらから

DIAMOND PARCH_ラウンドブリリアントカット(0.1ct)K18YG〈シャンパンゴールドブラウンカラー〉

石炭 ダイヤモンド
▶︎詳細はこちらから

DIAMOND PARCH_ラウンドブリリアントカット(0.3ct)K18CG〈シャンパンブラウンカラー〉

石炭 ダイヤモンド
▶︎詳細はこちらから

DIAMOND PARCH_プリンセスカット(0.109ct)PT900〈無色〉

石炭 ダイヤモンド
▶︎詳細はこちらから

DIAMOND PARCH_スクエアカット(0.121ct)K18YG〈イエローカラー〉

石炭 ダイヤモンド
▶︎詳細はこちらから

ダイヤモンド 鑑賞セット

ジュエリーとして身に着けるだけでなく、美しい原石をそのまま楽しみたいという男性に人気なのは、ダイヤモンドの鑑賞セット。

天然ダイヤモンドの原石や美しくカットされた石に加え、観賞するためのルーペやピンセットなど必要なキットがすべて入った鑑賞セットは、ダイヤモンド2石セットと3石セットとがラインナップ。

鑑定セット&宝石3ピースセット(ダイヤモンド1ピース、色石2ピース)

石炭 ダイヤモンド
石炭 ダイヤモンド

▶︎商品・詳細をチェックする

フォーマルの新定番!「OTOKO DIAMOND」のダイヤモンドパーチはワンランク上の女性からかわいいを誘う!
「OTOKO DIAMOND」は、ワンランク上の大人の男を魅了するダイヤモンドジュエリーを豊富に取り扱い、今最も注目したいラグジュアリーブランドだ。 中でも独自商標を持つダイヤモンドパーチや、ダイヤモンドの原石を使ったリングなど、オシャレでコーデ映えするアイテムは今SNSでも大人気で注目を浴び続けているブランドだ。 今回は、今注目のOTOKO DIAMONDが提唱する男のダイヤモンドに関する、独自の世界観や、今注目されている魅力の裏側に迫る。

まとめ

天然のダイヤモンドは、地底の深い部分で地球のプレートから大きな圧力を受け、マグマによる高温という環境下の中で長い時間をかけて作られます。

人工ダイヤモンドの製造技術は日々進歩しており、天然ダイヤモンドのように高圧と高温の条件下で作る方法だけでなく、衝撃やプラズマを使う方法などもあります。

今後、人工ダイヤモンドが流通する中では、天然のものと区別をつけることが必要不可欠になるでしょう。