ジュエリー

エンゲージリング(結婚指輪)とは?気になる意味や由来を紹介!

ジュエリー
スポンサーリンク

エンゲージリングとはと聞かれあなたはどの程度詳細について説明が出来ますか?

エンゲージリングは、結婚を約束した2人が一つの証明として指輪を交わすという由来があります。

しかしながら、現在では、同様のブライダルリングでも結婚指輪とは違った『婚約指輪』を渡すという位置付けで、プロポーズを行う際に男性から女性へ贈る指輪として知られています。

今回は、そんなエンゲージリングに関する気になる意味や由来について、紹介をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

そもそもエンゲージリング(結婚指輪)とは?

エンゲージ リング とは

エンゲージリングとは、結婚の約束をする際に、交わす指輪を指しており、所謂『婚約指輪』のことを言います。

一般的には、プロポーズを行う際に男性から女性に贈る指輪としてエンゲージリングというものを連想するかと思います。

エンゲージリングは、女性から男性へ指輪を贈るわけではないため、指輪を男女で交換するということではありません。

とはいえ、結婚の約束を果たした証という意味において変わりはありません。

結婚10周年にダイヤモンドを贈る!知らなきゃヤバいスイートテンとは?
結婚10周年に贈る記念品はどんな想いで何を選ぶ予定でしょうか?現在の新定番として今最も重宝されている『ダイヤモンドジュエリー』について解説していきます。またそもそもの疑問であるスイートテンとは?についてをはじめ、おすすめしたいダイヤモンドアイテム3選や今注目のダイヤモンドジュエリー6選についても厳選し紹介していきます。

結婚指輪=エンゲージリング?

結婚指輪も結婚の約束を果たした2人が着けるという点で、同じ役割りを果たしています。

日本においては、結婚指輪をエンゲージリングと呼ぶことはありませんが、夫婦関係の象徴として、エンゲージリングの意味を考えると、結婚指輪もエンゲージリングの一種と言えます。

エンゲージリングの歴史や着ける意味とは?

エンゲージ リング とは

結婚を約束した2人が指輪を贈るという習慣は、古代エジプトまで遡り、実は非常に長い歴史がある慣習と言えます。

当然ながら、現在のような文字は、古代エジプトでは確立されておらず、その代わりに象形文字を用いておりました。

象形文字における「結婚」は、円のような形をしていた文字で表されていたことが、エンゲージリングの形の由来だと言われています。

そして、その円形の文字をモノに見立ててお互いに交換するという慣習が徐々に確立されてき現在の指輪交換の基礎に至ったと考えられています。

貴金属を用いた指輪交換は古代ローマの時代から?

エンゲージリングが現在のように貴金属を用いた指輪へと変貌を遂げたのは、古代ローマの時代にまで遡ります。

古代ローマの時代から、婚約の儀式などで、エンゲージリングを交換することがより形式化されました。

そして、貴金属を用いた背景には、より長く身に着けることを願って…丈夫な貴金属である指輪を交換したとされています。

しかしながら、当時はまだ金やプラチナで指輪を作っていたわけではなく、鉄を素材としていました。

パラジウムとはどんな貴金属?プラチナやシルバーとの違いや素材の特徴を解説!
\パラジウムとはどんな貴金属?プラチナやシルバーとの違いや素材の特徴を解説!/パラジウムとは、プラチナやシルバーのような銀色の美しい光沢をもつ貴金属で、高い硬度があります。ジュエリーの割金として使われていることが多いですが、その他にも歯科治療の銀歯や自動車製造の触媒など、幅広い分野で活躍しています。

なぜ左手の薬指に着けるの?

エンゲージ リング とは

エンゲージリングは、結婚指輪でも婚約指輪でも、左手の薬指につけるのが一般的です。

そして、何故薬指に着けるのか、どうして右手ではなく左手に着けるのかを疑問に感じたことがある方は多いのではないでしょうか?

エンゲージリングの習慣の起源と言われている古代エジプトでは、左手の薬指には愛のパワーが流れていると信じられていました。

心臓から太い血管が左手の薬指に繋がっていると考えられていたため、そこに指輪を着けることによって真実の愛にパワーを与えていたのです。

結婚の約束をした未婚の2人がつける指輪!

エンゲージリングは、既に結婚を果たした2人ではなく、結婚の約束を果たした未婚の2人がつける指輪というのが定義とされています。

これから結婚を考えている人にとっては、結婚していない状態で指輪を贈る習慣の理由がよく分からないという人がいるかもしれません。

確かに、婚約は結婚による入籍とは異なり、法的な束縛やルールなどはありませんが、婚約しても苗字は変わりませんし、法的効力を持つ書類を作るわけでもありません。

口約束に重みをもたせるために高価なエンゲージリングを贈る!

婚約はいわば、口約束と言っても過言ではありません。

その口約束に重みをもたせるために、高価なエンゲージリングを贈る習慣が始まったと考えられています。

エンゲージリングには、プロポーズをする時に相手に贈ることで、相手に安心感を与えられるという役割もあります。

ピンキーリングは左右どっちにつける?運を引き込む指輪と称される理由とは?
ピンキーリングとは、小指につける指輪のことです。右手でも左手でもOKですが、手によって意味や引き込みたい運気が異なります。ジャストフィットなサイズで選べば、普段の生活の中でうっかり指輪が外れてしまう心配もないでしょう。

価格や相場も気になる!

エンゲージ リング とは

エンゲージリングと言えば、永遠の愛の象徴とも称されるダイヤモンドの入った指輪を贈るのが一般的です。

従来では、一つの相場感として、お給料の3ヶ月分を予算の目安としていた時期がありましたが、現在においては、お給料の3ヶ月が平均的な相場になっているわけではありません。

気になる平均的な相場は約30万円~40万円程度!

結婚に際して贈るエンゲージリングの平均的な相場は、約30万円~40万円程度です。

もちろん、ライフスタイルや経済的な余裕によって、この平均よりもリーズナブルなケースもあれば、もっと高価な指輪を贈るケースもあるでしょう。

婚約指輪のダイヤ特集!平均的な大きさやカラット数・値段の相場を遂に解禁!
\知らなきゃ危険/婚約指輪のダイヤについて平均的な大きさやカラット数更には、お値段の相場をついに解禁!合わせて、カットの種類や選ぶ際のポイントについても、分かりやすく解説していきます。他と被らない、おすすめダイヤモンドアイテム6選についても、厳選し紹介していますので、是非までお付き合いください。

マリッジリングとの違いについても押さえておこう!

エンゲージ リング とは

エンゲージリングは、上述の通り、婚約を果たした2が交わす指輪を差しますが、一方でマリッジリングとは結婚指輪を指しています。

どちらも大枠としてはブライダルリングという位置付けになりますが、リングのデザインや、渡すタイミングには違いがあります。

エンゲージリングはプロポーズの際に!マリッジリングは結婚した証!

エンゲージリングは、プロポーズの際に男性が女性に贈る指輪になるため、女性から渡すことはありません。

しかし、マリッジリングは結婚した証として、男女で指輪を互いに交換します。

指輪のデザインも大きく異なる!

エンゲージリングは一般的に、ダイヤモンドがあしらわれていたりと華やかで輝かしい印象が高い指輪を渡すことが一般的です。

しかしながらマリッジリングは、場所やシチュエーションを選ばずに、長く着けられるようなシンプルなデザインが定番となっています。

同じ薬指の指輪だから…両方つけることも考慮?

女性が結婚する際は、エンゲージリングとマリッジリングは異なるタイミングで受け取ることになりますが、どちらにしても、左手の薬指につける指輪となります。

そのため、エンゲージリングとマリッジリング両方をつけたい人は、セット購入をしたり、エンゲージリングを選ぶ際にマリッジリングと合わせやすいデザインを選ぶなど、購入方法に関しても、事前に考慮することがおすすめです。

プレゼントやギフトで贈るリッチな大人ジュエリーは何がおすすめ?
\プレゼントやギフトで贈るリッチな大人ジュエリーは何がおすすめ?/リングやピアスなどのアクセサリーの中でも、使われている素材が貴金属や宝石なら、それはジュエリーに分類できます。ギフトとして贈るなら、高品質のジュエリーブランドの中から、リングやネックレスなどのアイテムを選ぶのが人気です。

今おすすめのダイヤモンドアクセをおさえておこう!

エンゲージ リング とは

OTOKO DIAMONDが取り扱うダイヤモンドジュエリーの中でも、どんなアイテムが人気なのか?

今おすすめしたいリッチなジュエリーを編集部が厳選しPICK。

フォーマルの新定番!男の襟元に差をつけるダイヤモンドパーチ!

エンゲージ リング とは

OTOKO DIAMONDのダイヤモンドパーチは、オシャレにダイヤモンドを身につけたい男性に大人気のアイテム。

ブラウンカラーのダイヤモンドにプラチナやゴールドを合わせた、本物志向のダイヤモンドジュエリーは、シンプルで洗練された男にとって魅力的な要素がふんだんに詰まった仕上がりとなっている。

使用しているダイヤモンドは、天然のブラウンダイヤモンドで、カットはアイテムによってラウンドブリリアントカットやスクエアカットなど多彩なカッティングが施されている。

DIAMOND PARCH_プリンセスカット(0.12ct)PT900〈無色〉

▶︎詳細はこちらから

DIAMOND PARCH_ラウンドブリリアントカット(0.33ct)PT900〈シャンパンブラウンカラー〉

▶︎詳細はこちらから

DIAMOND PARCH_ラウンドブリリアントカット(0.34ct)K18PG〈シャンパンブラウンカラー〉

▶︎詳細はこちらから

DIAMOND PARCH_ラウンドブリリアントカット(0.1ct)K18YG〈シャンパンゴールドブラウンカラー〉

▶︎詳細はこちらから

DIAMOND PARCH_ラウンドブリリアントカット(0.3ct)K18CG〈シャンパンブラウンカラー〉

▶︎詳細はこちらから

DIAMOND PARCH_プリンセスカット(0.109ct)PT900〈無色〉

▶︎詳細はこちらから

DIAMOND PARCH_スクエアカット(0.121ct)K18YG〈イエローカラー〉

▶︎詳細はこちらから

ダイヤモンド 鑑賞セット

ジュエリーとして身に着けるだけでなく、美しい原石をそのまま楽しみたいという男性に人気なのは、ダイヤモンドの鑑賞セット。

天然ダイヤモンドの原石や美しくカットされた石に加え、観賞するためのルーペやピンセットなど必要なキットがすべて入った鑑賞セットは、ダイヤモンド2石セットと3石セットとがラインナップ。

鑑定セット&宝石3ピースセット(ダイヤモンド1ピース、色石2ピース)

エンゲージ リング とは

▶︎商品・詳細をチェックする

フォーマルの新定番!「OTOKO DIAMOND」のダイヤモンドパーチはワンランク上の女性からかわいいを誘う!
「OTOKO DIAMOND」は、ワンランク上の大人の男を魅了するダイヤモンドジュエリーを豊富に取り扱い、今最も注目したいラグジュアリーブランドだ。中でも独自商標を持つダイヤモンドパーチや、ダイヤモンドの原石を使ったリングなど、オシャレでコーデ映えするアイテムは今SNSでも大人気で注目を浴び続けているブランドだ。今回は、今注目のOTOKO DIAMONDが提唱する男のダイヤモンドに関する、独自の世界観や、今注目されている魅力の裏側に迫る。

まとめ

エンゲージリングは、結婚の約束をした二人が贈る婚約指輪です。

古代エジプトにおいては、お互いに指輪を交換する習慣がありましたが、現在では男性が女性へ贈る婚約指輪という位置づけです。

同じブライダルリングでも、マリッジリングとは贈るタイミングやデザインなどが異なります。