スーツの豆知識

【体型別】あなたに似合うスーツはこれ!サイズ表も大公開!

スーツの豆知識
スポンサーリンク

スーツは体型にマッチしたものを選ぶことでぐっと印象が変わってきます。
カッコいい男を演出するためにも、サイズ感にはこだわりたいものです。
そのためにも、体型や号数に合ったスーツの選び方をチェックしてみることにしよう。

似合うスーツを選ぶポイントとは?

スーツ 体型

スーツが似合う似合わないというのは、いくつかのポイントがあります。
具体的には、肌の色や髪形、身長、体型などがあり、その中でも、最も重要なポイントと言えるのが体型になります。
サイズ感がぴったり合っていて、無理のないシルエットに着こなすことができていれば、違和感のあるスーツ姿というのは生まれません。
そのため、ジャケットの生地の色や細かなデザインにこだわるより前に、まずは自分に合ったサイズを探すことが何よりも大切になります。

スーツ姿がかっこいい!そう言われる着こなし術を徹底解説!
モテる男はスーツ姿がかっこいい!そう言われるための着こなし術を徹底解説!海外セレブや外国人でなくとも、日本人でもスーツが似合う人は普遍的に女性やビジネスにおいても良い印象を与えることが可能です。そんな中、スーツ姿がかっこいいと言われるための極意を、写真や画像を交えて分かりやすく解説致します!

そして、自分の体型をしっかりと見つめ、それを良く評価することも欠かせません。
というのも、自分の体型が気に入っていないので、それを服装でごまかそうとする男性もいるからです。
確かに、服によって体型を異なったイメージに見せることもできますが、しかし、それでは無理が出てしまうし、逆にダサイ格好となってしまうこともあるので注意が必要です。
そのため、隠そうとするのではなく、自分の体型に合ったもの、つまり体型の良さを強調できるスタイルのスーツを選ぶことが重要なポイントになります。

男性のスーツ姿はかっこいい!着る際にうっかりしがちなポイント7選!
男性のスーツ姿はかっこいい!スーツを着る際にうっかりしがちな着こなし7選を公開!かっこいいスーツと言うと、着方やシルエットに関わるサイズ感やズボンの長さや、スーツそのものの素材に着目しがちです。しかしながら、意外にも女性は靴下やボタン等細かい部分に注目してます!そこで外国人モデルの写真も用いて分かり易くポイントを解説!

体型別に押さえておきたい選び方!

スーツ 体型

ガッシリ体型の男性は、あまり体型にコンプレックスを持たずに、適正なサイズのものを選ぶだけで十分です。
というのも、スーツは元々ガッシリ体型の人に合う傾向が強いからです。
日本ではスリムシルエットが流行っていて、細い方が良いという向きもあるが、スーツは威厳や男らしさを強調する装いでもあるので、ある程度ガッシリしている方がスーツ本来の良さが表現出来ます。

一方で、やせ型の男性は、スリムに決めようとして細めのシルエットを選ぶことが多い傾向にあります。
しかし、これだと華奢な印象が強くなってしまって、頼りなさが出てしまいます。
もっとも、貧相な体格が嫌だからと大き過ぎるサイズのものを選ぶとブカブカになってしまい、オシャレとは程遠い装いになります。
そのため、肩パッドや胸の芯が厚めに入っているものなど、上半身がしっかりしているものを選びつつ、ウエストなどは適正のものを選ぶのがベストです。

ぽっちゃりした男性の場合は、生地の色と柄に工夫をすると魅力的に見えます。
たとえば、スーツの色を濃い目のネイビーや紺、チャコールグレーにすると、締まって見えます。
逆に、薄いトーンの生地だと、視覚的な膨張効果で太って見えてしまうので、避けた方が良く、2つボタンにしてお腹周りの装飾をシンプルにすると共に、ボタンを留めて直接お腹が見えないようにするのもポイントと言えます。

スーツの色が与える印象とは?おすすめの組み合わせや種類の違い!
【ビジネスマン必見】スーツの色が与える印象について徹底解説!人気でおすすめな代表的な4つの色が与える印象とは?種類や違いを押さえてビジネスにも応用!上級者はワイシャツの色やネクタイの色、裏地の組み合わせ等も鑑みて、TPOに合った最適な1着を選んでみては如何でしょうか?

そして、スラックスはシルエットに注目して選ぶことが重要です。
できればノータックのものを選び、ウエスト回りをすっきりさせ、そして、膝から下が細くなっていくシルエットのものを選ぶとバランスが良くなり、スマートな印象となります。

スーツのパンツ丈はノークッションが主流!断然格好良くなる方法とは?
現在のパンツ丈の主流とも言える『ノークッション』について徹底解説致します。そもそも3種類あると言われているパンツ丈の違いをはじめ、スナップも参考に、イタリア男のパンツコーデのポイントや、おすすめスラックスブランド3選についてもわかりやすく紹介しています。

サイズ表も押さえておこう!

スーツ 体型

体型に合わせてスーツのタイプと号数が設けられているので、それを参考にして選ぶこともできます。
たとえば、Y体は細身の人用で、A体は標準体型向けであるといえます。
AB体というのはがっしり体型用のサイズで、BB体になると太めの人に向いており、実際の商品は、「Y5」など体型にプラスして号数が表記されています。
号数は数字が上がるごとにウエストや身長が大きくなるため、まずは体型がYからBBまでのどれに当てはまるかを確認して、自分の身長から号数を考えることで、サイズ表と自分の体型を合わせられます。
実際に試してみないと分からないこともあるので、異なる体型や号数の製品を置いているお店に行って、実際にどれが自分にフィットするのかを見てみるのも良いでしょう。

スーツサイズの選び方!表記や号の確認方法から測り方まで徹底解説!
意外と知らないスーツサイズを大公開!直しを検討中の方も必見です!一般的にスーツのサイズは46などの数字表記から、a5・Y体更には、号数など様々な表記が混在してます。挙句、イタリア等のヨーロッパサイズから、アメリカサイズ等で着丈や肩幅が合わない等悩みがつきません。そこで表記や号の確認方法や早見表を特別大公開致しています。