スーツの豆知識

シワにならないスーツのたたみ方!超簡単5ステップを特別伝授!

スーツの豆知識

出張などでスーツを収納して持って行く時、どうしてもシワが入りやすくなります。
できるだけ綺麗な状態で持って行けるような、ズボンとジャケットのたたみ方を覚えることはデキるビジネスマンには不可欠です。
そこで簡単に実践できる方法を覚えて実践してみよう。

スーツのたたみ方を覚える意味!シワがもたらす影響が悲惨!

スーツ たたみ方

ビジネスでは見た目も相手に与える印象としては大事な要素となります。
そのため、場にふさわしい装いをするだけでなく、着ている服を綺麗にしておく必要もあります。
スーツは特に相手から見られるものなので、汚れていたりシワが寄っていたりするとマイナスイメージになるため、場合によっては相手に失礼だと思われてしまうことさえあるので注意が必要です。
シワが寄ったままにしておくと、後から手入れをしても取れづらくなったり、そこだけ変色してしまったり、自分としても困ったことになります。

そのため、シワが入らないように常に手入れをすることが重要です。
と言っても、出張する時などはスーツをたたんで持って行くことになるので、どうしても家で保管するようにはいきません。
スーツケースを開けてスーツにシワが寄っているとなると、ホテルなどでは自宅のように手入れをするのは難しいですし、ましてや、目的地に着いてすぐに会議などがある場合、手入れをしている時間すらないこともあります。
こうした状況に備える意味でも、シワができるだけ入らないようなたたみ方を覚えることは大事になります。
ちょっとした工夫で随分違うので、適当にたたんで後悔するよりはずっと良いと言えるでしょう。

超簡単!ジャケットのたたみ方!

スーツ たたみ方

①まず、ボタンはすべてしめます。
その状態で背中側が上になるように裏返します。
たたむ時にはできるだけ平らなところに置き、ベッドのような柔らかいところではなく硬い場所が良いでしょう。

②肩幅の半分くらいのところで折り、背中側の身頃の真ん中、つまり縫い目があるところに折ります。

③袖は肩のあたりくらいに来るように下から上に向かって折ります。
できるだけ肩の部分を折ったラインに平行になるようにします。

④片側ができたら、今度は反対側の肩と袖も折ります。

⑤この状態でガーメントケースなどに入れることで、袖にシワが寄ることなくきれいに保管できます。
さらにコンパクトにたたんでスーツケースにしまう必要がある場合は、身頃を下から半分くらいの大きさに折ることもできます。
すべてたたんだら、形を整えるようにして収納します。

スーツのたたみ方を伝授!ジャケットやズボンを上手に収納する方法!
出張や旅行好きのサラリーマン必見!高級スーツの取り扱いや、ジャケットやパンツのたたみ方を大公開!これをマスターすれば、スーツケースやスーツカバー更にはキャリーバックにまで、コンパクトで尚且つ、簡単に収納することが可能です。シワになりにくく、取り扱いの難しい高級アイテムの手入れ方法が分かります!

超簡単!パンツのたたみ方!

スーツ たたみ方

パンツも上手にたたまないと、シワが入りやすくなります。
また、他の服と重なって全体がシワだらけということも起こりえます。
ズボンのたたみ方は簡単で、すぐに実践できるので覚えてみよう。

①まず、ズボンの前後にある折り目に合わせて折ります。
こうすることで、他のところにシワが寄ることがありません。

②その上で、平らなところに置いてまっすぐになるようにします。

③そして、上下の真ん中をラインにして半分にします。
さらに、そこから半分に折り、最終的には4分の1にします。

④手で伸ばすようにしてシワがないようにして形を整えます。

ジャケットとパンツを一緒に収納するのであれば、この状態のパンツをジャケットの間に挟むようにして収納します。
ジャケットで最後に身頃を半分にするが、まとめて収納する場合は、折らないでおき、そして、ジャケットの身頃のところに折りたたんだズボンを入れて、見頃を半分に折ります。
こうすると、ジャケットでパンツを覆うように挟むことになり、パンツはスーツケースなどに入れて動かすと、折り目がずれてきてしまうので、ジャケットで挟むことで安定してシワが寄りにくくなります。

シャツの正しいたたみ方をプロが伝授!簡単で実用的な方法はこれ!
シャツの正しいたたみ方をプロが徹底解説致します!簡単で超実用的な方法を一挙大公開!合わせて、収納のコツをはじめ、今おすすめしたい収納グッズ3選も特別公開中!

\あなたにおすすめ/