スーツの豆知識

スーツにノーネクタイ!押さえておきたいマナーと着こなし術を伝授!

スーツの豆知識

クールビズの季節、スーツにノーネクタイというスタイルが主流になります。
ビジネスシーンで相手に失礼のないマナーとはどんなものか?カジュアルでもオシャレに見えるノーネクタイの着こなしとは?そのポイントを押さえてみよう。

スポンサーリンク

スーツ×ノーネクタイっていつから?ノーネクタイの起源とは?

スーツ ノーネクタイ

元々スーツはネクタイと組み合わせるのが決まりで、仕立てる時もネクタイとのコンビネーションを意識して作られています。
そのため、基本的にはノーネクタイでスーツという姿は普及していませんでした。

しかし、高温多湿になる日本では環境対策の一環として、2005年に政府が「クールビズ」を始め、ノーネクタイを推奨するようになり、首元を開放する快適さもあって、日本で浸透していった。2012年からは、特定の期間はさらにカジュアルな服装を推奨するという動きも始まり、さらにこの習慣が広まっていきます。

このように、少なくともビジネスシーンにおけるスーツ×ノーネクタイという装いは、日本が主流となっています。
しかし、カジュアルな場面でノーネクタイにするのは、スーツ姿が日常生活にも根付いているイタリアなどで昔から行われており、そのため、ヨーロッパではよりオシャレなスーツ×ノーネクタイの着こなしが発展しています。

気品漂うスリーピース×ノーネクタイ!今試したい着こなし&コーデとは?
夏はクールビズということで、ノーネクタイが多くなります。 スーツファッションが難しくなる時期だが、スリーピースでコーデを決めるというのはとても効果的な方法です。 どんな組み合わせや着こなしがいいのか、おすすめのスーツにはどんなものがあるかをチェックしてみよう。

デキる男ならノーネクタイのマナーは押さえろ!

スーツ ノーネクタイ

日本ではクールビズをするというのは社会的なマナーとなっているため、それに従おうとする傾向が強いのが特徴です。
そのため、毎日のようにこの装いをすることになるので、スーツ×ノーネクタイのコーデの方法は押さえておきたい。
特に、マナーとも言える最低条件はしっかりと押さえておかないと、ダサいばかりか相手に嫌悪感を持たれてしまうことさえもあるため注意が必要です。

たとえば、シャツの襟元から肌着が見える姿です。
いかにも、いつものネクタイ姿からネクタイだけを取ったという格好で、オシャレとはほど遠く、また、暑いからとシャツのボタンをいくつも外しているのも、ビジネスシーンではマナー違反になります。
カジュアルではあえてボタン外しをすることはありますが、それもバランスの良い着こなしをしないと下品に見えることがあります。

また、外国人との商談の場合は、そもそもノーネクタイで良いかということも考える必要があります。
ヨーロッパなどでは夏でもネクタイを締めていることが多いので、ノーネクタイで商談に臨むと、かなり失礼と見られてしまう可能性もあります。
外国に出張に行く時などは、相手の国の習慣に合わせることがマナーです。

シャツは着丈が命!印象を変えるサイズ選びのポイントとは?
シャツの着丈が長いとダサいコーデになってしまいます。 しかし、着丈のバランスというのはわずか数センチの違いなので、見極めが難しいことは誰もが経験することでしょう。 どのようにシャツのベストの長さを決められるのか?おすすめのシャツブランドと一緒にチェックしてみよう。

ノーネクタイはスーツやシャツ選びが重要!

スーツ ノーネクタイ

首元が開いているクールビズは快適ですが、マナーを押さえていても、下手をするとだらしのない姿になってしまう恐れもあります。
それを防ぐためには、スーツとシャツのチョイスが非常に重要となり、前述の通り、基本的にスーツはネクタイとのセットを前提としているため、ネクタイがないと中途半端な感じを与えてしまいますので要注意。
特にラペルが広めのスーツは、ノーネクタイにするとバランスが悪くなる傾向があります。
また、生地が厚めで重たい印象を与えるものも違和感があります。
こうしたことから、ノーネクタイの着こなしには、ある程度ラペルが細めで、軽めの印象を与える生地のスーツが似合います。

スーツにネクタイはなし?色や長さをはじめ組み合わせの基本を解説!
スーツにネクタイはもうなしの時代?しかしながら、ネクタイを付ける男性は、いまだに女性から見て魅力的なようです。そこで、スーツとネクタイのコーデについて、ネイビー・ライトグレー・ミディアムグレー・ダークグレー等の色別コーデや、組み合わせから、長さやタイピンとの合わせ方まで一挙大公開致します!

ホワイトシャツの着こなしは難しい?解決策はこれ!

スーツ ノーネクタイ

完全な無地ホワイトのシャツは、質の良い生地でない限り中途半端なイメージを与えることが多いので、少々着こなしが難しいのが現状です。
ノーネクタイだとカジュアルな雰囲気が出るので、どうせならシャツも柄入りのものにするなどして、その雰囲気を上手に演出した方が合っています。
その際には、ブルー系のさわやかな色を選ぶと、クールビズにもマッチするので試してみよう。

色気が漂う白シャツの着方とは?相性抜群なネクタイの合わせ方を伝授!
スーツのワイシャツ特集!基本の色となる白シャツコーデをテーマに、スーツの色別やネクタイの柄をベースにイタリアオヤジの着こなしを紹介!

\あなたに今おすすめ/