スポサーリンク

ジャケパンに応用!スーツの上衣とジャケットの違いやコーデを解説!

スポンサーリンク

皆さんは通勤時を含めて終日スーツを着続けていますか?
クールビズなどもあって、昨今はジャケパン出勤も多いようです。
カジュアル化が進むフォーマルなビジネス社会ですが、スーツの上衣にセットでないズボンをはいて出勤していませんよね?
単体ジャケットなら全く問題ありませんが、スーツの上衣に別ズボンだとしたら即刻止めるべきです。
なぜなのかの理由とともに、ジャケパンにも使えるスーツの上衣の条件などを紹介しました。

スポンサーリンク

スーツの上衣とジャケットはスタイルなど細かな点が違い!

スーツの上衣とジャケットは厳密に言えば違う、ということはご存じでしょうか?
スーツの上衣だけを着て、ズボンであるボトムズは別のスーツのズボンをはいている、あるいはカジュアルシーンでスーツの上衣にチノパンをはく、という方が少なからず、いるのではないでしょうか。

スーツの上衣とは異なる点が多い単体ジャケット

スーツの上衣にそろっていないズボンをはいて出かけるというのは、ファッショ ン的にはバツです。
鏡に映る見た目も、どこかおかしいと感じるに違いありません。
というのも、ジャケット自体はスーツの上衣から派生した衣服ながら、スーツの上衣とは違う点が多々あるからです。

スーツよりカジュアルを重点に作られている単体ジャケット

まず基本として押さえておきたいのは、ジャケット単体はフォーマルよりもカジュアルっぽく作られているということです。
いわゆるジャケパンスタイルで着るジャケットのことを、スポーツジャケット呼ぶことからも分かるかと思います。
それでは具体的にスーツの上衣とジャケットの違いについて見ていきましょう。

価格:(税込 105,840円)
ブランド:LARDINI(ラルディーニ)

ジャケパンならラルディーニ(LARDINI)がおすすめ!気になるお値段は?
ラルディーニのジャケットの着こなしやコーディネートを紹介しながら、特徴や評判、取扱い店舗やお値段まで、幅広く紹介!

スーツの上衣とジャケットの違い1肩パッドの有無

スーツの上衣には、一部のスタイルを除き、肩パッドが入っています。これはトラディショナルなスーツにとって、外せない基本事項でもあります。
肩パッドがあることでフォーマルになっている、と言っても過言ではないほど、スーツの上衣を構成する大事な要素の一つといえます。

スーツの上衣とジャケットの違い2着丈の長さやサイズ感

スーツの上衣の着丈は、ヒップが隠れるか隠れないか、という長さなのに対し、ジャケットの着丈は、ヒップの半分ぐらいしか隠れない長さです。
2~3cmほどジャケットの着丈の方が短くなることで、カジュアルなシルエットになり異なるサイズ感になります。

価格:(税込 43,198円)
ブランド:TAGLIATORE(タリアトーレ)

スーツの上衣とジャケットの違い3生地の質の違い

スーツの上衣には光沢がある生地が使われています。
光沢があることで、よりフォーマルに見えるためで、滑らかな梳毛(ウーステッド)が使われているのです。
生地そのものも薄く毛羽立ちが少ないのも特徴でしょう。

単体ジャケットの素材は光沢なしの綿や麻素材が多い

他方、ジャケットはウールを使うのはまれで、たいてい綿や麻などになります。
ツイードも使われます。
ですので、生地が厚く光沢もほとんどありません。
光沢あるスーツの上衣の場合、ズボンも同じ生地で作られるので、上下の光沢に違和感はありません。
しかし、別のスーツのズボンやチノパンなどを合わせると、スーツの上衣との光沢が違うため、どこかチグハグな印象になるというわけです。

タイトルとURLをコピーしました