スーツの豆知識

スーツのベントが与える印象!デキる男の後ろ姿はかっこいい!

スーツの豆知識

スーツを着た男の後ろ姿というのは多くを語り、背中をかっこよく見せるためにも、ベントには拘りたいものです。
そこで、ベントの2つの種類の違いと、その与える印象の差をチェックした上で、どのようにスーツ選びに生かせるかを考えてみよう。

スポンサーリンク

男は背中で語る!スーツは後ろ姿が重要!

スーツ ベント

男の魅力は背中にあると言っても過言ではありません。
「男は背中で語る」という表現があるように、後ろ姿というのは人からよく見られるものであります。
背中が広くがっしりしている様子は、頼もしい男という印象を与え、正面から見るよりも背中側から見た方が、ウエストのラインが正確に出るため、スマートさやスタイルの良さがはっきりと表れるというのも一つのポイントになります。

スーツの色が与える印象とは?おすすめの組み合わせや種類の違い!
【ビジネスマン必見】スーツの色が与える印象について徹底解説!人気でおすすめな代表的な4つの色が与える印象とは?種類や違いを押さえてビジネスにも応用!上級者はワイシャツの色やネクタイの色、裏地の組み合わせ等も鑑みて、TPOに合った最適な1着を選んでみては如何でしょうか?

こうしたこともあって、実はスーツブランドも、後ろ姿の印象を意識して、いろいろな工夫をしています。
たとえば、できるだけたくましい後ろ姿となるように、ウエストから肩にかけての角度を大きくして、がっしりとした後背を作っていたり、ベントにも強くこだわっているブランド多いのが現状です。
また、そもそもベントとは、背中側の裾に設けられたスリットのことを指しています。
ベントにはいくつかの種類があり、それぞれに特徴が異なります。
また、スリットの長さや位置、角度によっても視覚的効果がかなり違うのでこれを機にそれぞれの特徴を押さえておこう。
つまり、ベントについての理解を深め、自分に合ったデザインやシルエットを選ぶことによって、よりかっこいい後ろ姿を演出することができるのです。

男性のスーツ姿はかっこいい!着る際にうっかりしがちなポイント7選!
男性のスーツ姿はかっこいい!スーツを着る際にうっかりしがちな着こなし7選を公開!かっこいいスーツと言うと、着方やシルエットに関わるサイズ感やズボンの長さや、スーツそのものの素材に着目しがちです。しかしながら、意外にも女性は靴下やボタン等細かい部分に注目してます!そこで外国人モデルの写真も用いて分かり易くポイントを解説!

意外と知らないベントの歴史!

スーツ ベント

スーツはヨーロッパにおいて、長い歴史を通じて今の形へと変化を遂げてきました。
そのため、一つ一つのパーツには深い意味と歴史が存在しています。
ベントもスーツの歴史の中で、様々なニーズによって変遷を遂げてきました。
初めのころは、あまり目立ったスリットはジャケットに入っていませんでしたが、いろいろなシーンでスーツが着られるようになってくると、スリットなしのジャケットは動きを阻害するものだと感じられるようになってきました。
そのため、昔のジャケットは、今のスタイルに比べると裾が長く、中には太もも近くにまで届くものもあったので、スリットなしとなるとかなり動きが制限されることになります。
特に、騎士たちがスーツを着るとなると、乗馬をしたり剣を扱ったりする時に邪魔となるようであってはなりません。
そこで、動きをより自由にするために、ジャケットの背中側にスリットを入れて快適なものとしていったのがベントが誕生した背景になります。

このように、元々ベントは機能性を考えた上ででき上がったのですが、しかしながら、時が経つにつれて機能性だけでなく、見た目も考慮して変化が加えられるようになってきています。
スリットの深さや角度、縫い方などを工夫して、より後ろ姿を魅力的にするための配慮がなされてきたため、ベントを選ぶ際には、自分にとって動きやすいという機能面でのポイントと同時に、デザインに与える影響も考えることが重要です。

モテる男のスーツコーデ!カジュアルからデートまで使える着こなしとは?
モテる男のスーツコーデを大公開!オーソドックスなスーツスタイルの基本を覚えれば、カジュアルから、ビジネス、デート仕様と幅広く応用が可能です。加えて上級者は、サスペンダーやバッグに靴やハット、ニットetc・・・おしゃれなメンズ小物で差をつけろ!春夏秋冬、スーツの基本スタイルは変わらない!

ベントの種類とは?

スーツ ベント

出典:https://supremo.jp/

大きく分けると、ベントは2つの種類があります。
「センターベント」と「サイドベンツ」というものです。
このうち、センターベントはスリットが一本中央に入っているタイプのことを指し、この作りは馬に乗る動きを快適にするために考案されたものになります。
スリットが中央に入っていることで、馬にまたがって両足が開いた状態でも上半身が窮屈にならないようにしています。
動きの軽快さを求めて生まれているのがセンターベントで、歩きまわることが多い現代のビジネスマンにも向いているスタイルになっており、こうしたこともあって、多くのブランドがセンターベント仕様のスーツをメインとしています。
特に、アメリカのスーツブランドではセンターベントのみとしているところが多いのが特徴です。

スーツのおすすめブランド9選を総まとめ!世界3大スタイルから厳選!
スーツのおすすめブランド9選を総まとめ!メンズスーツの趣味嗜好は20代、30代、40代と時間の経過や体型の変化に応じて変わってきます。そこで今回は『ブリティッシュトラッド』、『イタリアンクラシコ』、『アメリカントラッド』の所謂世界3大スタイルからメンズスーツのおすすめブランドをPICK UPし掲載しています!

サイドベンツは真ん中ではなく、左右に二つスリットが入っているタイプになります。
これは、騎士が剣を扱うのに便利なように作られたのが始まりであり、腰に挿した剣を抜く時には、上着を跳ね上げるようにして抜くとスムーズに、そして素早く行えます。
そこで、より剣に近い部分にスリットを入れることによって、動きをスムーズにしようと考えたのです。
このように、サイドベンツは騎士のニーズに合わせた生まれたという歴史があるためか、センターベントに比べると気品を感じられるデザインなのが特徴です。

スーツの歴史!ブリティッシュを起源としたグローバルなスタイルとは?
スーツやジャケットに関する歴史やスタイルを大公開!ブリティッシュスタイルから、今流行のおすすめブリティッシュブランドも一挙大公開!歴史と共に進化を遂げた、グローバルなスーツスタイルを紹介していきます。

ベントの選び方を解説!

スーツ ベント

2種類のベントは、シーンやスーツのスタイルによってどちらかを選ばないといけないという決まりはなく、そのため、それぞれの好みで選ぶことができます。
選ぶ際には、上記の違いを意識すると良いでしょう。
センターベントは活動的なイメージがあり、スタイリッシュな雰囲気が強くなる一方で、サイドベンツは上品で落ち着いた印象を与えます。
ちなみに、センターベントはスマートで活動的な後ろ姿となるため、アメリカのブランドで使われることが多く、威厳が出るサイドベンツはイギリスのスーツブランドで採用されることが多いことを覚えておくと良いでしょう。
こうした違いも知っておくと、スーツを見比べてどちらが自分に合うかを選ぶ時に役立ちます。

スーツサイズの選び方!表記や号の確認方法から測り方まで徹底解説!
意外と知らないスーツサイズを大公開!直しを検討中の方も必見です!一般的にスーツのサイズは46などの数字表記から、a5・Y体更には、号数など様々な表記が混在してます。挙句、イタリア等のヨーロッパサイズから、アメリカサイズ等で着丈や肩幅が合わない等悩みがつきません。そこで表記や号の確認方法や早見表を特別大公開致しています。

まとめ

スーツの後ろ姿というのは、印象を大きく左右する一つのポイントになります。
特に、ベントの種類の違いは与える雰囲気を変えてしまうので、目指すスーツコーデを考えて、どんなデザインにするかを決めましょう。
デキる男は後ろ姿もしっかりと意識してスーツを選ぶもことが重要です。