モテ男のスーツは袖に拘る!袖口のボタン数や長さを本切羽で魅せろ!

スーツの袖口(正確にいえばジャケット)にあるボタン、何のためかご存じの方はスーツを長く着てきた方か、スーツについて勉強した方でしょう。
今回はスーツの袖、特に袖口にこだわってボタンの意味や開閉できる袖口の意味を中心に、スーツの袖をテーマにまとめました。
スーツの袖口のボタンと付いている目的を知って、次にスーツを購入する際に、こだわってみてはいかが?

スポンサーリンク

スーツの袖口のボタンは何個?開閉できる袖口が正統?

スーツの袖

スーツの袖口にボタンが付いていることは覚えているけど、何個付いていたかなどは、はっきり覚えていない、という方が多いはず。
こだわりを持ってスーツを選んでいる、あるいはオーダーメイドのスーツしか着ない、という方であれば、いろいろなタイプがある袖口から好みのスタイルを選んでいることでしょう。

スーツの着こなし5ヶ条で、各パーツ(着丈・肩幅・裾・袖etc・・・)における長さの基準や目安などを纏めています。
こちらの記事も参考になるかと思いますの、是非この機会に合わせてご確認下さい!

スーツの着こなしは5つの原則で決まる!ビジネスマン必見の基本とは?
スーツの着こなしは、春夏秋冬によって異なります!イタリア人のコーデも参考に、あなたの体系や個性を引き出す5つの原則を特別大公開!スーツの着こなしはコディネートだけじゃない!!ジャケット・パンツ・ネクタイ・ワイシャツ・ベルト・靴下 etc・・・ビジネスマン必見!気になるパーツごとの基本原則とは?

2つあるスーツの袖口のタイプその1:本切羽

スーツの袖

スーツの袖口は、実は大きく分けると次の2タイプがあります。
一つは本切羽(ほんせっぱ)と呼ばれる、4つのボタンとボタンホールが付いていて、ワイシャツの袖のようにボタンを外してまくれるようになっているタイプ
形状から「本開き(ほんあき)」とも言います。

2つあるスーツの袖口のタイプその2:開き見せ

スーツの袖

もう一つは開き見せ(あきみせ)。
ボタンは付いているものの、袖口は閉ざされたままのタイプで、もちろんボタンホールもなく、飾りのようなボタンが付いているだけです。
ボタンはたいてい4個ですが、4つがくっつくように縫い付けられているのを「キッスボタン」と呼びます。

スーツの袖口のボタンの並びにも言い方がある

スーツの袖

さらに4つボタンが並ぶことで、一番上に来る分を除く3つのボタンが1/4ほどずつ重なるように付いているタイプもあります。
こちらは「重ねボタン」と言います。

スーツの袖口のボタン数は3個か4個がスタンダード

スーツの袖

なお、ボタンの数については3つか4つがほとんどで、4つがスタンダードのようです。
ジャケットのボタンから1つ引いた数が袖口のボタン数、というまことしやかな説もありますが、俗説のようです。
本切羽として開ける袖口が、腕をまくれるくらいに開く余裕を持たせるにはボタン4つ分ぐらい必要だったため、と考えるのが妥当でしょう。

スーツの袖口のボタン「本切羽」「開き見せ」がある理由

スーツの袖

さて、ここまででスーツの袖口に「本切羽」と「開き見せ」の2つがあることが分かっていただけたと思います。
しかし、なぜなのでしょう。

スーツの起源とされる軍服の袖口との関係

これには、スーツの衣服としての意味や成り立ちが関係あります。
軍用の上着が起源とされているスーツ。
その後、外出時に着る衣服として広まっていきました。
しかし、ジャケットを脱ぐと中に着ているワイシャツは下着という認識のままでした。
このため下着であるワイシャツの下には何も身に付けない、という考えが現在でも有効で実践している方も多くいます。

スーツの歴史については、別の記事にて詳細を細かく纏めています。
こちらについても気になる方は、是非合わせてご確認下さい。

スーツの歴史!ブリティッシュを起源としたグローバルなスタイルとは?
スーツやジャケットに関する歴史やスタイルを大公開!ブリティッシュスタイルから、今流行のおすすめブリティッシュブランドも一挙大公開!歴史と共に進化を遂げた、グローバルなスーツスタイルを紹介していきます。

外出先でスーツの上衣を脱ぐのは失礼な振る舞いだった

つまり、外出先でスーツのジャケットを脱ぐのは下着を見せることを意味しました。
しかし、ジャケットを脱がないと煩わしくて仕事にならない職業があります。
医者がそれで、特に外科的な対応の場合は、袖があっては細かい動きなどに邪魔で仕事になりません。

スーツの袖口をまくれるようにボタン付きが登場

そこでジャケットを脱がずに袖口が開くようにして、腕まくりすることで腕だけを出して診断等に対応できるようにした、というのがスーツの本切羽の起源とされています。
このことから、本切羽をドクタースタイルや外科医式などと呼ぶこともあるようです。

スーツの袖口の本切羽はオーダーメイドのみだった?

スーツの袖

スーツの袖口の2つの形状について、それぞれ説明してきましたが、お分かりいただけましたでしょうか。
ここで余談ながら、かつてスーツの袖口が開く本切羽はオーダーメイドのみの仕様だった時期があることをお伝えしましょう。
本切羽を着ることで、量販店の吊るしやショップの既製品スーツとは違うこだわりのあるスーツを身に付けている、という意識があったようです。

スーツの袖口の本切羽は量販店でも購入可能に

しかし現在では、量販店はもとより、紳士服店での既製品でも本切羽を選べるように在庫をそろえている店が多くなりました。
さらにショップの中には、スーツの袖口タイプを本切羽か開き見せかを購入時に選んで決められるレディーメイドの店もあるようです。

スーツの袖口の本切羽をおしゃれに着崩すファッションも有り

スーツの袖

昨今では、スーツの袖の本切羽をおしゃれな着崩し感覚で使うファッションも見受けられます。

カジュアルコーデで着こなしを実践したい方は、ビジネスカジュアル向けの記事を別途纏めていますので、合わせてこちらの記事もご確認頂けたらと思います。

イタ男から学ぶ!ジャケパンのカジュアルコーデで魅せるコツとは?
イタリアオヤジから学ぶジャケパンでのカジュアルコーデについて気になる情報を総まとめ!春先から夏にかけ多く見られるジャケパンのカジュアルコーデですが、あなたをより魅力的な男性に演出するコツを特別公開!ベルトやネクタイ・靴など、小物の活用方法も学べます。またジャケパンスタイルにおすすめしたいブランド4選も紹介中!

スーツの袖口の本切羽ボタンをはずすのはとても新鮮!

スーツの袖

暑い時など、わざと本切羽のボタンをはずしてジャケットの袖をまくることで、スーツの袖口にスキを作って、こなれた感じを出すわけです。
カジュアルなスーツの際は、案外新鮮な感じを与えるかもしれません。

まとめ

スーツの袖口の2タイプを説明しました。本切羽と開き見せですと言います。
スーツの袖口の違いは機能的には、それほどこだわるポイントではないかもしれません。
しかし「蓼食う虫も好き好き」ではないですが、感覚の問題で好き嫌いの理由は説明できないもの。
自分で着てみてどちらがいいかをご判断ください。要はおしゃれ感覚やファッション同様、好みの問題といえそうです。

スポンサーリンク
data-matched-content-ui-type=”image_stacked”data-matched-content-rows-num=”2”data-matched-content-columns-num=”8”
スーツの豆知識
Wealthy Class