スーツの豆知識

モテ男のスーツは袖に拘る!袖口のボタン数や長さを本切羽で魅せろ!

スーツの豆知識
スポンサーリンク

スーツの袖口(正確にいえばジャケット)にあるボタン、何のためかご存じの方はスーツを長く着てきた方か、スーツについて勉強した方でしょう。
今回はスーツの袖、特に袖口にこだわってボタンの意味や開閉できる袖口の意味を中心に、スーツの袖をテーマにまとめました。
スーツの袖口のボタンと付いている目的を知って、次にスーツを購入する際に、こだわってみてはいかが?

スーツの袖口のボタンは何個?開閉できる袖口が正統?

スーツ 袖

スーツの袖口にボタンが付いていることは覚えているけど、何個付いていたかなどは、はっきり覚えていない、という方が多いはず。
こだわりを持ってスーツを選んでいる、あるいはオーダーメイドのスーツしか着ない、という方であれば、いろいろなタイプがある袖口から好みのスタイルを選んでいることでしょう。

スーツの着こなし5ヶ条で、各パーツ(着丈・肩幅・裾・袖etc・・・)における長さの基準や目安などを纏めています。
こちらの記事も参考になるかと思いますの、是非この機会に合わせてご確認下さい!

スーツの着こなしは5つの原則で決定!男性ビジネスマン必見の基本とは?
スーツの着こなしは、春夏秋冬によって異なります!イタリア人のコーデも参考に、あなたの体系や個性を引き出す5つの原則を特別大公開!スーツの着こなしはコディネートだけじゃない!!ジャケット・パンツ・ネクタイ・ワイシャツ・ベルト・靴下 etc・・・ビジネスマン必見!気になるパーツごとの基本原則とは?

2つあるスーツの袖口のタイプその1:本切羽

スーツ 袖

スーツの袖口は、実は大きく分けると次の2タイプがあります。
一つは本切羽(ほんせっぱ)と呼ばれる、4つのボタンとボタンホールが付いていて、ワイシャツの袖のようにボタンを外してまくれるようになっているタイプ
形状から「本開き(ほんあき)」とも言います。

2つあるスーツの袖口のタイプその2:開き見せ

スーツ 袖

もう一つは開き見せ(あきみせ)。
ボタンは付いているものの、袖口は閉ざされたままのタイプで、もちろんボタンホールもなく、飾りのようなボタンが付いているだけです。
ボタンはたいてい4個ですが、4つがくっつくように縫い付けられているのを「キッスボタン」と呼びます。

スーツの袖口のボタンの並びにも言い方がある

スーツ 袖

さらに4つボタンが並ぶことで、一番上に来る分を除く3つのボタンが1/4ほどずつ重なるように付いているタイプもあります。
こちらは「重ねボタン」と言います。

スーツの袖口のボタン数は3個か4個がスタンダード

スーツ 袖

なお、ボタンの数については3つか4つがほとんどで、4つがスタンダードのようです。
ジャケットのボタンから1つ引いた数が袖口のボタン数、というまことしやかな説もありますが、俗説のようです。
本切羽として開ける袖口が、腕をまくれるくらいに開く余裕を持たせるにはボタン4つ分ぐらい必要だったため、と考えるのが妥当でしょう。

\あなたに今おすすめ/