スーツの豆知識

zozoスーツは直しも考慮?先ずは測り方の違いやスーツ選びを習得!

スーツの豆知識
スポンサーリンク

zozoスーツは非常に安く、また簡単に行うことができるとして人気が高まっています。
しかしながら、様々な観点で問題も生じていると言う話もよく聞きます。
そこで今回は、お直しを考慮した、サイズ選びやお直しのポイント・方法について紹介させて頂きます。
そうすることによって、効果的なzozoスーツの活用方法や購入後の対応方法なども見えてくるのではないでしょうか?

サイズ選びのポイントとは?『号』が合ったスーツを選ぶ!

zozoスーツ

まずはご自身の『号』に合ったスーツ選びが重要!

そもそも、まずはご自身のサイズに合ったスーツ選び(ベース作り)が重要になってきます。
しかし、ご自身のサイズに合った『号』を選んだのにも関わらず、着心地・見た目などに、違和感を感じてしまうことも多いのではないでしょうか?
その際に、気になる部分に補正を入れていく事で、理想的なスーツに近づける事が可能になりますが、部分的に小さくしたり、大きくしたりし過ぎる、全体のシルエットが崩れたり、なかなか上手に着こなす事が難しくなるため、効果的にスーツを選ぶポイントを抑える必要があります。

小さく作る?大きく作る?サイズ選びの落とし穴!

zozoスーツ

小さなサイズを選び、サイズを伸ばしてご自身のサイズ感にフィットさせる場合には、シルエットが崩れやすくなるため注意をしなければなりません。
また逆に、大きいサイズを選び過ぎると様々な部分を小さくしなければならず、シルエット・バランス共に違和感を生んでしまうことが多いので注意が必要です。
そこで、既製服の購入に関しては、サイズ表という、言わば購入する上での指標があるので、表記の見方を習得し、少しでもお直しをせずに済むご自身のサイズをチェックしてみて下さい。
そこで、A体B体、Y体などといったサイズ表記の見方について別の記事にまとめています。
気になる方は、こちらの記事も合わせて確認してみてください!

スーツサイズの選び方!表記や号の確認方法から測り方まで徹底解説!
意外と知らないスーツサイズを大公開!直しを検討中の方も必見です!一般的にスーツのサイズは46などの数字表記から、a5・Y体更には、号数など様々な表記が混在してます。挙句、イタリア等のヨーロッパサイズから、アメリカサイズ等で着丈や肩幅が合わない等悩みがつきません。そこで表記や号の確認方法や早見表を特別大公開致しています。

仮にポイント1点だけで『サイズ』が合わない!バランスが悪くなる!

zozoスーツ

出典:https://www.ny-onlinestore.com

お腹まわりが気になる人にとっては、ウエストを絞り込んだり緩める事は非常に簡単です。
しかし既成服においては、ウエストのみでサイズを選んでしまうと、ヒップ廻りが小さくなったり、もも廻りが小さくなったりしてしまうケース(逆も含め)があり、サイズ感が合わなくなります。
そうなることにより、ジャケットも考慮した際に、全体的なバランスが崩れてきます。
スーツは上下セットアップになるため、スーツそのものが放つ全体的なバランスと、シルエットを保つ事こそが最も重要になります。
すなわち、スーツを仕立てる際は、スーツ本来の『型紙』と『ご自身の体型の癖』の中間をとる事が、最も重要であり、その絶妙なバランスこそが、美しいシルエットを保つ上で、大切になってきます。

あなたの『サイズ』に合った直しとは?肩幅・袖丈・ウエストが重要!

zozoスーツ

では、実際にベースが決まり、お直しする際の注意点が掴めたところで、どこをどの程度直していくかについて、紹介していきます。
美しいスーツのスタイルとして重要な要素は『肩幅』がしっかりとフィットしていることと、『袖口』の長さ、および『ウエスト』のシルエットです。
各ポイントのフィット感こそが、綺麗な着こなしとなってきます。
とは言え、どの程度のGAPが生じているかについては、基準をきちんと把握する必要があると思います。
スーツの正しい着こなしとして、スーツの各部位の基準については、別の記事にまとめていますので、こちらも参考にして頂き、肩幅・着丈・袖丈・裾丈の基準との乖離についてご確認下さい!

スーツの正しい着方とは?モテる男は必見の着こなし10ヶ条はこれ!
スーツの正しい着方を伝授!スーツはシングルやダブル、そして2つボタン、3つボタン、更にはベスト付きの3ピースやネクタイを含めたコーデ等、様々な着方があります。しかしながら、正しい着方を理解してこそ、オシャレなデザインやスタイルが生きてきます。そこでモテるメンズになるための10か条を特別公開致します。

zozoスーツとは?測り方・サイズの落とし穴!

zozoスーツ

出典:https://toyokeizai.net

zozoスーツは基本的に全身タイツのような衣服を着用し自動採寸を行なってくれる非常に便利なシステムです。
様々な部分を自動採寸し申告することで、自動採寸に沿った商品が送られてくるスタイルになっています。
実際に自分の体を採寸したことによるものではないところ、『体の癖』を把握出来ていない事が、着心地を求めるユーザーからは、問題を生じやすいポイントになっていると考えられています。
またサイズのお直しについては、以下の場所を、以下の範囲で行えるようです。
▼ジャケット
胸囲  プラスマイナス1センチ刻みで最大3センチまで
肩幅  同1センチ刻みで最大2センチ
左右袖 0.5センチ刻みで最大3センチ
着丈  1センチで最大2センチ
胴回り 1センチ刻みで最大4センチ

▼ズボン
ウエスト 1センチ刻みで最大3センチ
渡り幅  0.5センチ刻みで最大2センチ
ヒップ  1センチ刻みで最大4センチ
総丈   1センチ刻みで最大4センチ
裾口   0.5センチ刻みで最大不明

店頭での採寸とzozoスーツの採寸!測り方の違いとは?

zozoスーツ

実際のスーツを採寸する際に、ポイントを加えて把握しておく必要があります。
紳士服店などでサイズを調整する場合には、ベースとなるスーツを着用して頂き、熟練したテーラーや店員が実際にいろいろな角度から着用した様子をチェックします。
単に寸法を測るだけでなく、シルエットの全体像や布地のイメージなどを合わせて確認しているのです。
しかしながら、zozoスーツの採寸については、実寸が基本的な確認のベースになっています。

サイズ表や寸法だけでなく『体の癖』を把握する事がポイント

zozoスーツ
左:撫で肩
   右:撫で肩・前肩

例えば、撫で肩や、前肩、怒肩や、パンツ部分に関しても、出尻など、採寸だけでは判断出来ない、『体型の癖』も考慮した上でスーツ選びやお直し箇所が異なってきます。
これらは、当然実際に目で見てチェックしていかなければいけないことであり、単にサイズ表・採寸だけでは読み取れません。
特に体型の癖が強い方に関しては、採寸のみや、スーツの実寸だけを測ってスーツを選んだり、お直しをするだけでは、全体のシルエットや着用感が確認できない為、リスクとなってしまいます。
一般的には、スーツは肩幅でしっかりと合わせるのが美しいシルエットを生み出すポイントと言われていますが、残念ながら、ほとんどの人の体型は理想的なシルエットとは異なるため、そのポイントをどのように扱うかによって目指すべきシルエットが大きく変化してきます。

まとめ

zozoスーツは、非常に便利なものですが、実際のお店でさりげなく行われている採寸チェックや実際のシルエット・着用感の確認などが抜けている為、デメリットになる可能性が出てきます。
策はあるのかもしれませんが、現状、注文したイメージと異なる仕上がりとなってしまうことも想定されるため、十分にポイントや構造を理解した上で活用することが重要になります。
そこで今回は、リスクも一部考慮し、お直しも加味したスーツ選びやお直しのポイントを紹介しました。
まだまだ、ご自身の体型の癖や実寸を熟知していない方は、実店舗にてお仕立てを行うことをおすすめしますが、ご自身の体型の癖や実寸を熟知されている方に関しては、便利なシステムと考えて良いのではと思っています。