ロンドンの名門!ターンブル&アッサーのオーダー情報や店舗を紹介!

注文生産によるオーダーメイド方式である「ビスポーク」のシャツメーカーとして有名なターンブル&アッサー(turnbull&asser)は、創業130年を超える老舗の会社です。
映画007でジェームズボンドの着用により、また英国王室御用達でもあることから世界中に愛用者がいるシャツメーカーとなっています。
同社の名前を知らしめるきっかけとなったビスポークによるシャツ作りを中心にターンブル&アッサーの歴史や特徴などをまとめました。

スポンサーリンク

2人の熟練職人ターンブル&アッサー(turnbull&asser)は1885年に英国のロンドンで創業

ターンブル&アッサー(turnbull&asser)を着用するジェームスボンド

出典:turnbull&asser公式

英国王室御用達のシャツとして、また映画『007』シリーズのジェームズボンドが着ているシャツとしても着られているシャツがターンブル&アッサー(turnbull&asser)です。
そんなターンブル&アッサー(turnbull&asser)は、1885年に英国のロンドンで創業しています。
社名は2人の職人、レジナルド・ターンブルとアーネスト・アッサーが由来で、2人は1860年ごろから職人として腕を磨き、1880年にパートナーとして働きだして1885年に会社を興したのです。

英米の政治家や映画関係者らも注文したターンブル&アッサー(turnbull&asser)

ターンブル&アッサー(turnbull&asser)を着用する英国王室

出典:turnbull&asser公式

20世紀になると英国王室からの注文を受けるようになります。
これを機会に、王室を含む上流階級向けのシャツやコート、靴下などを提供することで、実力を伴いつつ知名度を上げていったのです。
その後、英国はもとより米国政界や演劇・映画界、著名芸術家らが、ターンブル&アッサー(turnbull&asser)のビスポークを愛用することで、さらに認知度が高まり、世界的なシャツメーカーへと成長を遂げたのです。

価格:21,598円 (税込)

既成シャツも販売するターンブル&アッサー(turnbull&asser)!

ターンブル&アッサー(turnbull&asser)のシャツ

出典:turnbull&asser公式

オーダーのシャツだけではなく、もちろん既成のシャツも販売しています。
日本国内で入手できる既成のターンブル&アッサー(turnbull&asser)のシャツは1着3万円台から。
このほか、ネクタイやボウタイ、カフスボタン、ハンカチなどを買うことができます。

スーツに合わせるシャツのコーデについても、別の記事にて纏めています。
詳細について気になる方は、是非こちらの記事も合わせてご確認下さい!

モテるメンズシャツの着こなしとは?チェックやリネンにデニムまで紹介!
モテるメンズシャツの着こなしとは?イタリアコーデを参考に徹底解説!ご存知の通り、偏にシャツといっても、その種類は様々です。ポロシャツにTシャツ、チェク、リネン、デニム、シャンプレー、コーデュロイ、ボタンダウンetc・・・幅広いシャツの種類に合ったタイやスーツの組み合わせも大公開!見て学べる、知って得する情報が満載です!

ターンブル&アッサー(turnbull&asser)のネクタイは厚めのシルクで美しい光沢

ターンブル&アッサー(turnbull&asser)のシャツとネクタイ

出典:turnbull&asser公式

ターンブル & アッサー(turnbull&asser)のネクタイの生地は、厚めのシルクで、肌触りが良く光沢も上品なのが特徴になります
英国紳士らしいシャツとタイといえます。
シャツを見て、ターンブル&アッサー(turnbull&asser)製と分かるのが、前立てのステッチでしょう。
ボタンの両側を上下に走るステッチが特徴的で英国製ならでは、という仕上がりです。

スーツに合わせるネクタイのコーデについても、別の記事にて纏めています。
詳細について気になる方は、是非こちらの記事も合わせてご確認下さい!

スーツのメンズコーデ!色やタイの柄や基本が分かれば難しくない!
メンズスーツのコーデについてシャツやネクタイそして合わせやすいスーツのおすすめカラーを解説!

価格:10,980円 (税込)

ターンブル & アッサーのビスポークの実際を紹介

ターンブル&アッサー(turnbull&asser)のシャツ

出典:turnbull&asser公式

ターンブル&アッサー(turnbull&asser)のビスポークシャツは、以下で紹介する英国の3店舗と米国の1店舗がメインとなります。
日本からもオーダーできますが、原則最低2枚以上のオーダーとなります。
基本の流れは日本でのフルオーダーシャツと同じですが、念のため順番に説明します。

ターンブル&アッサー(turnbull&asser)のビスポークオーダーらではの生地も

ターンブル&アッサー(turnbull&asser)のオーダーシャツの生地

出典:turnbull&asser公式

①店内でビスポークはどこか尋ねれば案内してくれるので、ビスポークの部屋へ。
②まずは、希望の生地を選びます。

英国のロイヤルファミリーも着ているというトマス・メイソンの生地がほとんどながら、ターンブル&アッサー(turnbull&asser)でしか選べない限定生地もあります。
全部で1000種類以上はあるようです。
見本帳から、色と柄も合わせて希望する生地を伝えます。

シャツの種類についての詳細も、別の記事にて纏めています。
詳細について気になる方は、是非こちらの記事も合わせてご確認下さい!

シャツの種類を総まとめ!ワイシャツやTシャツの襟・生地・形の種類とは?
シャツの種類を徹底解説!シャツには王道と称されるYシャツから、カジュアルの極致ともいえるTシャツ等、様々な種類があります。襟やネック、カフスといったパーツの違いに留まらず、生地の織り方やデザイン、プリーツやテールの違い、カラーの有無等様々な切り口で、どんな種類のシャツがあるのかを、集大成として総まとめしました。
スポンサーリンク
data-matched-content-ui-type=”image_stacked”data-matched-content-rows-num=”2”data-matched-content-columns-num=”8”
ブランドシャツ
Wealthy Class