ブランド革靴

5分で分かるトリッカーズの全て!バートンコーデやエイジングのポイントとは?

ブランド革靴

2019年4月にロンドン店に次ぐ2店舗目として、東京の南青山に海外初店舗が誕生しました。

創業190年となる記念の年のイベントだっただけに、靴やブーツの専門サイトやファンサイト、ニュースなどのメディアで知った方も多いことでしょう。

カントリーブーツで有名なトリッカーズ(trickers)を、すでにご存じの方も多いかもしれませんが、各種ブーツやドレスシューズなどに加え歴史や、靴メーカーと地理との関係などを含めた、様々な話題を盛り込んでトリッカーズ(trickers)の全てとして気になる情報をまとめて紹介します。

スポンサーリンク

ハンドメイドの最高級革靴メーカー&ブランドのトリッカーズ(trickers)!

トリッカーズ trickers

カントリーブーツやカントリーシューズなど、デザインが大きく印象に残るフルブローグの靴として知られるトリッカーズ(Tricker’s)ですが、創業当時からハンドメイドによる靴作りを今も続けており、最高級革靴メーカー&ブランドとして有名です。

190年の歴史と創業地ノーサンプトンの関係とは?

トリッカーズ trickers

そんなトリッカーズ(trickers)は、1829年にイギリスの首都ロンドンの北西にある街、ノーサンプトンで誕生、2019年に190周年を迎えました。

現在も同地で男性用、女性用の革靴やブーツ、ベルトや革小物を生産、販売し続けています。

そもそもノーサンプトンは高級靴メーカーが集中している地域!

トリッカーズ trickers

トリッカーズ(trickers)が誕生し、拠点を置くノーサンプトンは、イギリスを代表とする高級革靴メーカーが集中しており、有名どころで言えば、クロケット・ジョーンズ、ジョン・ロブ、エドワード・グリーン、チーニー、チャーチなどがあります。

クロケット&ジョーンズ(CROCKETT & JONES)の人気モデルを総まとめ!
欲しい革靴・ロファーがきっと見つかる!クロケット&ジョーンズ(CROCKETT & JONES)の人気・定番モデル特集!欲しいがきっと見つかる!
ジョンロブ(JOHN LOBB)のおすすめ革靴5選!バイリクエストや公式直営店舗も紹介!
イギリスの高級ブランドである『ジョンロブ(JOHN LOBB)』のおすすめ革靴5選をまとめ!エドワードグリーンやチャーチ、オールデンと並び、多くの芸能人やセレブを顧客に抱えるジョンロブ(JOHN LOBB)の、歴史や名作木型をはじめ、オーダーサービスのバイリクエストについて紹介!スーツとのコーデも相性が抜群であるジョンロブ(JOHN LOBB)の、公式直営店を確認し、今すぐアクセス!
エドワードグリーン(edward green)の革靴のサイズ感や評判とは?
エドワードグリーンと言えば「202」「82」「808」など木型の名作が豊富な革靴ブランドです。そんなエドワードグリーンの人気コレクションである「チェルシー」や「DOVER」更には、エドワードグリーンの代名詞でもある「808」ラスト等の気になるサイズ感や評判を大公開!耐久性にも優れるエドワードグリーンを是非お試し下さい!
チャーチ(Churchs)の『シャノン』でモードコーデ!驚きの特徴や直営店も大公開!
芸能人御用達!ロンドンモードを決定付ける高級革靴ブランドの『チャーチ(Churchs)』の魅力を徹底解説!極上の革質で評判の高い『チャーチ(Churchs)』ですが、人気おすすめモデルのシャノンやラストをはじめ各モデルの特徴も大公開!スーツと抜群の相性を誇るチャーチ(Churchs)のコーデや着こなし方法とは?直営店舗情報も確認の上、今すぐ最寄りの店舗へアクセス!

ノーザンプトンの高級靴メーカーはショップも併設しツアーも開催!

各社とも製靴工場を持ち、さらにファクトリーショップも併設しているので、現地を訪れてファクトリーショップ周りもできます。

現にツアーが催されているようなので、興味のある方はぜひ参加してみて頂けたらと思います。

ノーサンプトンに有名靴メーカーが多い理由とは?

トリッカーズ trickers

そもそも、なぜノーサンプトンに靴メーカーが多いのでしょう。
紹介中のトリッカーズ(trickers)も関係あることなので、理由を調べてまとめて解説していきます。

①樫の木が多く自生!

まず第一にラスト(木型)を作るのに適した木としての樫が多いことがあげらえております。

樫は革をなめすのに使われるタンニンも多く含んでおり、靴を含む革製品作りには有益な資源と考えられ重宝されています。

②交易地としての地の利がある!

ノーサンプトンを地図で見ると、南北でみると南寄りながら東西の場合はほぼ真ん中に位置します。

南東の首都ロンドン、北西のリバプール、東のケンブリッジ、南のオックスフォードと、どこへ行くにも便利な場所です。

このため、革製品の原料となる牛の運搬が交易の要衝として容易なのも理由となります。

③水を供給できる川が多い

水は人間はもとより皮を提供する牛に対して必要不可欠であり、尚且つ、牛が食す牧草を育てるのにも必要になります。
加えて、皮をなめすのにも多くの水が必要になるため、水を供給できる川が多いことは靴を生産する環境として非常に重要になります。

ノーサンプトン周辺にはネネ川ほか、水源となる川が多く流れているので、革製品工場が集まっているというのが納得出来る理由になります。

自然環境や交通の要衝がノーサンプトンの靴作りに影響

結論として、樫の木が多い、地の利、豊富な水という諸条件が革製品製造に適した場所となっており、現在まで続いているというのが、ノーサンプトンに靴メーカーが多い理由として語られています。

トリッカーズ(trickers)の革靴の特徴は頑丈でガッシリが基本!

トリッカーズ trickers

男女向けの各種ブーツをはじめとする堅牢な革靴を製造するメーカーであるトリッカーズ(trickers)は、男性向けのアイテムとしてカントリーブーツの「マートン(Malton)」、カントリーシューズの「Burton」、サイドゴアブーツの「Henry」などのコレクションがあります。

ブーツを履く用途は、防寒や防水、防雪だけでなく屋外作業なども含まれるため頑丈に作られていないと、すぐに傷んだり壊れたりして使い物になりません。

履き続けられ長持ちするのが特徴?

その点、トリッカーズ(trickers)のブーツはガッシリと頑丈に、堅牢に作られているのが大きな特徴で、長く履けるのです。

長持ちするブーツであるとともに履き続けることで、足になじんでお気に入りの一足となっていくような要素があるのがトリッカーズ(trickers)のブーツと言えます。

職人1人が1足全てを作るベンチメイドはトリッカーズ(trickers)ならでは!

トリッカーズ trickers

ベンチメイドと称される革靴の作り方も、トリッカーズ(trickers)の特徴の一つとして知られています。

今では珍しい1人の職人が1足の靴を一から作っていく方法で、職人がずっとベンチに座って作業に没頭する様が由来となっています。

ベンチメイドだと靴に個体差が出る?それも個性的と歓迎!

ほとんどの靴メーカーは、担当工程ごとに職人が違い、1足出来るのに数人の手を経るのですが、トリッカーズ(trickers)は一人で全てを担って作っているわけです。

そのせいか、靴に個体差があるとの指摘もありますが、個性的な靴として歓迎する靴ファンもいるとか。

スーツにも合わせられる1829コレクションとは?

トリッカーズ trickers

トリッカーズ(trickers)と聞いて、最もポピュラーなのがカントリーブーツやフルブローグのデザインになります。

後者ならスーツにも合わせられなくもないですが、トリッカーズ(trickers)にもドレスシューズはあるのかご存知ない方も多いようなので、後述し詳細を解説していきます。

ストレートチップやフルボーグ等、様々ある革靴の種類については、別の記事に詳細をまとめています。
詳細について気になる方は合わせてこちらの記事もご確認下さい!

スーツと革靴の組み合わせ!おしゃれブランドや革靴の種類や色を解説!
スーツに合わせる靴のおしゃれな組み合わせについてイタリアコーデをまじえ紹介!気になるあのブランドや、そもそもの革靴の種類や色など幅広く掲載中!

トリッカーズ(trickers)のドレスシューズは本場ロンドンでも人気!

トリッカーズ trickers

本場英国ではビジネスシーンでも、スーツにタイに似合うトリッカーズ(trickers)のドレスシューズは人気なのです。

最もフォーマルなストレートチップはもとより、セミブローグ、クォーターブローグなどもそろえています。

しかもドレスシューズを集めた「1829コレクション」も存在しており、もちろん1829は創業年からとった名称となっております。

しかもラストはすべて4537番の標準的なUKサイズという型です。
高級皮革を使ったベンチメイドのドレスシューズ3モデルを簡単に紹介します。

①ストレートチップのリージェント(Regent)

内羽根ストレートチップでビジネスシーンだけでなくフォーマル使用にもってこいです。
色はブラックかブラウンです。

②セミブローグのケンジントン(Kensington)

こちらも内羽根、セミブローグになっています。
色は同じく黒と茶があり、スエードの茶もあるので、寒い時期にはぴったり。

③クォーターブローグ、ベルグレイブ(Belgrave)

セミブローグ同様、ピンキングというブローグのギザギザのフチも丁寧できれいなのが特徴。
色は黒、焦げ茶、茶の3色です。

トリッカーズ(trickers)の1829コレクションでスーツとのコーデを!

トリッカーズ trickers

意外といったら失礼かもしれませんが、頑丈で武骨なカントリーブーツメーカーによるフォーマルシューズシリーズは、意外と繊細な仕上がりのドレスシューズです。

スーツとのコーデに合うこれらのドレスシューズを1~2足そろえて、ビジネスやフォーマルな場で英国紳士を気取ってみてはいかが?

トリッカーズ(trickers)のカントリーブーツなどのサイズを表で比較

トリッカーズ trickers

ここで、伝統的英国靴という形容もあるトリッカーズ(trickers)のサイズは、当然UKです。
特にカントリーブーツは、実際の足のサイズよりハーフサイズ大きめに作られている、というのが定評です。

他方、バートンなどのカントリーシューズはジャストフィットで作られています。

以下に日本表記に対応するUKサイズと、トリッカーズ(trickers)の代表的な靴タイプのカントリーブーツとカントリーシューズのサイズ比較をまとめたので、ご参考ください。

JapanUKTricker’s
Country Boots
Tricker’s
Country Shoes
24.5665.5
256.56.56
25.5776.5
267.57.57
26.5887.5
278.58.58
27.5998.5
289.59.59
28.510109.5
2910.510.510

サイズの換算表については、国別表記など、詳細については別の記事で細かくまとめています。
詳細について気になる方は是非こちらの記事も合わせてご確認下さい!

【靴のサイズ表記】UK・US・EUインチについて換算表を公開!
靴のサイズ表記について、UK・US・EUインチや海外のサイズについて換算表を紹介!靴のサイズは近年オンラインショップ等で便利に購入出来るようになる一方、アメリカ・イタリア・イギリス等の所謂ヨーロッパサイズや各々国ごとにサイズ表記が異なり、サイズの選び方に悩むケースが多々あります。そんな悩みを解決すべく換算表を大公開!

トリッカーズ(trickers)のカントリーブーツのラストの種類は?

トリッカーズ trickers

トリッカーズ(trickers)のカントリーブーツのラストは、4444番と4497S番の2種が公式サイトで紹介されています。

4444番はサイドゴアのヘンリーに採用されているラストで、甲が高いほかゆったり目な作りで、UKサイズでのハーフサイズ小さめを勧めています。

このため甲高幅広という日本人の定型的な足形に合うのかもしれません。

トリッカーズ(trickers)のバートンならビジカジのコーデにも役立つ!

トリッカーズ trickers

ちなみに、カントリーシューズとして人気のバートン(Burton)やイルクリー(Ilkley)も4444番のラストです。

ですので、ややカジュアル的イメージのカントリーシューズ、バートンはビジネスカジュアルとのコーデにはもってこいと言えそうです。

ひもを締めてはくブーツなどのラストは土踏まずがゆったり

他方の4497S番は一般的なUKサイズの足形を基本にしており、つま先は細めながら土踏まず部分がゆったりしています。

ブーツを含め紐靴の、紐を締めることで足に合わせるタイプに合う作りです。

2019年の冬に向けた新たなカントリーブーツとは?

そこへ2019年の冬向けのカントリーブーツとしてW2298番のラストによる新製品が加わっています。

モデル名はモーズレイ・プレイン・トーキャップ(Mawsley Plain Toecap)といい、一番の特徴はアイレットと呼ばれる紐を通す穴が片側に9個ずつついていることです。

アイレットが多いと、手間はかかるもののフィット感が増し、脱ぎにくくなるので軍隊向け仕様かもしれません。

新モデルのラストは細身でつま先が中央寄りのデザイン

ただし、ラストは標準的な英国サイズであるタウンというグループに属すため、つま先がやや細身で中央へ寄ったようなシェイプとなっています。

このため、これまでのカントリーブーツの幅広ラストを履いていた方は、親指と小指、薬指あたりに窮屈さを感じるかもしれません。

2019年冬向けで市場にそれほど出回っていないため、もう少し評価を待つのがいいかもしれません。

大満足です!
憧れのTricker’sが驚きの安さだったため、即購入。最もTricker’sらしいと思うACORNを選びましたが、実際に手に取って見ても素晴らしい発色で大正解でした。サイズはRED WINGなどでUS8.5を履いていますが、こちらはUK7.5でぴったりでした。ちなみにインソールのロゴはショップでよく見かける別注用らしいゴールドでなく、UK純正用らしい茶色です。

楽天市場

購入して良かった。
革靴:EEE(24.5) E(25) スニカー(25.5)です。
バートンは、USサイズで6Hを持っています。
こちらのお店は、UKサイズでしたのでハーフ落として6を選択しました。
届いた商品は良い感じでぴったりでした。
トリッカーズはつくりが雑ですが、丈夫で長持ちするので大好きです。

楽天市場