スポサーリンク

ジャケパンスタイルならタリアトーレ!ビジネスコーデにもおすすめ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

タリアトーレ(TAGLIATORE)の歴史とは?

タリアトーレ(TAGLIATORE)は、1960年にイタリアのプーリア州で創業したアパレルメーカーのLERARIO(レラリオ)社が運営するブランドになります。
レラリオ社の2代目オーナー兼クリエイティブディレクターであるPino Lerario(ピーノ・レラリオ)氏が、1998年にタリアトーレ(TAGLIATORE)を立ち上げています。
また、ピーノ・レラリオ氏は、映画「バットマン」のワードローブも手がけた手腕の持ち主で、タリアトーレではピーノ・レラリオ氏自らデザイナーを務め、生地の開発やディティールの決定、デザインに至るまで全てを主導で行っています。

タリアトーレ(TAGLIATORE)の特徴や評判とは

ピーノ・レラリオ氏本人も胸元を開けた華麗なジャケットの着こなしで、ファッショニスタから注目を集める人物です。
その類まれなる完成と抜群のセンスで、タリアトーレ(TAGLIATORE)はまたたく間に一流メゾンへと発展を遂げました。
その人気はイタリア国内のみならず、日本でも多くのファンを獲得しています。

オーダーメイドのような快適な着心地

ブランド名はイタリア語で「裁断士」を意味し、その名の通り両脇からウエストを絞った立体的でシャープなラインが特徴です。
パターンから縫製に至るまでがピノのディレクションのもとで自社内の敷地内にあるファクトリーで行われており、製品の細部にまでピノの美意識が行き渡っており、そのため、まるでオーダーメイドで仕立てたかのような快適な着心地で、多くのファンを魅了しています。
生地の開発にも携わり、クラシコイタリアの風合いを残しつつも南イタリアらしい柔らかさと力強さが感じられる、斬新な色使いと上質感の際立つマテリアルが魅力です。

Pino Lerario(ピーノ・レラリオ)氏は生地や付属品まで徹底的に厳選!

タリアトーレ(TAGLIATORE)の最大の特徴とも言えるのが、「生地」になります。
ピーノ・レラリオ氏がセレクトする生地は評価が高く、どの生地もしっかりと主張性があり、オリジナリティを感じられる素晴らしいものばかりです。
一見普通のようで実は普通ではない生地は、毎シーズン、コレクションを見るたびに感動します。

タリアトーレ(TAGLIATORE)といえば?ジレも特徴の一つ!

出展:http://blog.glober.jp

ジレというのはイタリア語で、中に着るベストの意味になり、ピーノ・レラリオ氏は、50〜60年代のイタリアファッションをモデルにして服作りを行っており、その年代においては誰もが「ジレ」を着用しているということから、当時のクラシックを体現するためにも「ジレ」は重要な役割を果たすという考え方を持っています。
ジャケットを脱いだ際もだらしなく見えず、ジャケットの形状を美しく保つ効果もあるため、男性の品を上げ、着こなしの幅を広げるアイテムの「ジレ」は、クラシックを語る上で無視出来ない存在になっています。

やっぱりワイルド系!クラシックなワイドラペル

袖の付け位置の肩先の縫い目にまで及ぶ程広く設計された襟は特徴的です。
細々しいラペルだとモード感が強く、若々しく頼りない印象になってしまいますが、タリアトーレ(TAGLIATORE)のラペルはとても広いうえに、体のラインに美しく沿うようなしなやかな返りのラペルを制作することで男性らしい威厳を象徴し、胸元のセクシーさを強調してくれます。

セクシーなウエストシェイプが素敵

出展:https://renata-fashion.com

フロントを開けて着用しても確認できるほどのウエストシェイプも、タリアトーレ(TAGLIATORE)の特徴です。
ウエストのシェイプの美しさは、イタリアで重要視される「セクシー」な要素の一つになります。
ウエストのシェイプが効いた独特の形状を実現させるには、ただウエストを絞れば良いものでく、ジャケットは、各部の寸法のバランスが取れて初めて成り立つものであり、独特な「シェイプ」を生み出すためには、胸幅や裾周りの寸法など、様々な箇所を計算し直す必要があります。
タリアトーレ(TAGLIATORE)が生み出すジャケットからは、相当な回数のシルエット検討の賜物と卓越した裁断スキルの高さが伺えます。

おすすめメンズスーツ!年代別ブランドスーツランキング15選!
あなたの好きなブランドは何位?世代別、スーツのおすすめブランドランキング15選!
タイトルとURLをコピーしました