シャツの豆知識

シャツと相性抜群なデニムジャケットはこれ!人気メンズコーデを解説!

シャツの豆知識

カジュアルの定番とも言えるデニムジャケットはメンズシャツとの相性も良く、どちらのアイテムも種類が豊富で、たくさんの組み合わせを考えることができます。

タイプの異なるコーデを考えていろいろな着こなしを楽しんでみよう。

スポンサーリンク

シャツ×デニムジャケットをかっこよく着こなすポイントとは?

シャツ デニム ジャケット

デニムジャケットは、着こなし方によってかなりいろいろなシーンに使うことができます。

大きく分けてふたつのコーデの方法がある!

そのため、いくつものパターンを覚えておけば、オシャレの幅がぐっと広がります。

シャツとのコーデもその一つの選択肢なので、かっこよく着こなすポイントを押さえておこう。

シャツ×デニムジャケットのコーデは、かなり大まかな分け方をすると二つの方法があります。

羽織るように着こなすスタイル!

一つは、ジャケットの前ボタンを開けておき、上から羽織るようなスタイルにするものです。

この方法だと、シャツがより大きく見えるため、シャツメインという考えで着こなし方を考えましょう。

シャツの柄や色合いが雰囲気を作るため、スマートに決めたいのであれば、落ち着いた濃いめの単色、もしくホワイトなどの清潔感あるシャツが使えます。

逆にカジュアルな雰囲気を前面に出したいのであれば、明るめの色でチェックやボーダーにするというのも一つの手です。

ジャケットをメインにするスタイル!

もう一つの着方としては、デニムジャケットの前を閉めて、ジャケットをメインとするものです。
この方法だと、メンズシャツは襟、袖、裾の一部しか見えないことになります。

そのため、この小さな面積をいかに演出するかがコードのポイントとなり、デニムが落ち着いたトーンであれば、逆にメンズシャツを明るい色にしてメリハリを付けるといった合わせ方も面白いです。

この場合は、シャツはそれほど目立たない分、色の対比を入れることで全体のバランスを出すことができます。

シャツの着こなしだけでモテ方が違う!シャツのコーデを総まとめ!
モテるメンズシャツの着こなしとは?イタリアコーデを参考に徹底解説!ご存知の通り、偏にシャツといっても、その種類は様々です。ポロシャツにTシャツ、チェク、リネン、デニム、シャンプレー、コーデュロイ、ボタンダウンetc・・・幅広いシャツの種類に合ったタイやスーツの組み合わせも大公開!見て学べる、知って得する情報が満載です!

何故デニムジャケットは重宝され続けるのか?

シャツ デニム ジャケット

デニムジャケットは、メンズカジュアルの定番と言えるほど多くの人に、しかも昔から愛されているアイテムになります。

デニム生地の色合いや丈の長さ、形によってかなり雰囲気が変わるので、いろいろなコーデができるのが魅力だからです。

また、昔からあるアイテムなので、いろいろなメーカーが個性的な商品を出しているため、選択肢が多いというのも重宝される理由と言えます。

様々アイテムとの相性が良いデニムジャケット!

また、秋冬がメインとなるデニムジャケットだが、他の服との組み合わせがしやすく、着回しの幅を広げてくれます。

Tシャツと合わせるのも良し、襟付きシャツも良し、コートの下に着るのも相性の良い服が多いです。
それだけコーデの組み合わせが豊富で、それぞれの好みやシーンによって変化を付けられることになります。

耐久性があるアイテムなので、こうした変化を付けられるというメリットは、飽きずに長く着用できるという魅力も生み出すことになります。

流行のシャツインコーデ!モテる男が実践している着こなしを大公開!
現在流行中のファッショントレンドとも言えるシャツインについて徹底解説!さらに、今モテる男がさりげなく実践している、シャツインコーデの極意とポイントを特別に伝授!合わせて、シャツインにおすすめしたい人気ブランドのメンズシャツ3選を公開中!

デニムジャケットを選ぶポイントとは?

シャツ デニム ジャケット

ブランドによって個性が出るデニムジャケットだが、ある程度形が決まっています。

当然、デニム生地を使うということに加えて、大きめの胸ポケットが付くなどのスタイルが定番です。

やっぱりまずはサイズ感を重視しよう!

こうした基本を踏まえた上で、自分好みのものを選ぶポイントとしては、まずサイズ感があります。

丈をあえて短くして、インナーとのコーデをしやすくしているもの、普通の長さでしっかりと着込めるものなどがあります。

次に色合いをチェック!

色合いもポイントになります。
濃いめで退色感がないものから、かなり色が抜けてカジュアル感が出ているものもあります。

全体的な傾向としては、濃いめのものはスマートな着方にもカジュアルにも使いやすく応用できる範囲が広いです。

色落ちしているものは、柔らかい印象を与えてポップな装いにも合わせやすいという特徴があります。
中にはダメージ加工が施されているものがあるが、個性が強くなるのでシャツに合わせるのが難しくなります。

上級者には良いが、与える印象が固定されてしまうので、いろいろな組み合わせを楽しみたいという人は避けた方が無難です。

シャツの色選びがあなたの印象を決める!押さえておくべきポイントとは?
シャツの色から始まる!今押さえておきたいシャツ選びの基本を解説しています。色選びから始まり、襟の種類や柄のポイント等・・・そして最も重要とも言える着こなしについても解説しています。またビジネスシーンにおけるシャツの着用ルールについても一部触れていますので、是非とも知識だけでも押さえて頂けたらと思います。