靴の豆知識

革靴のフィッティングでこんなに違う!失敗しない革靴の選び方を伝授!

靴の豆知識
スポンサーリンク

毎日のように履く革靴は、しっかりと自分の足のかたちやサイズを知ったうえで選ぶことで、足の疲れを減らすことが出来ます。
革靴を選ぶ際には、はじめはきつめの方が良いと聞くことも多いが、それは正しいのでしょうか?フィッティングの基本を学んでピッタリの靴を選ぼう。

革靴のフィッティングの前にあなたの足型を把握しよう!

革靴 フィッティング

革靴を作る際の大事な作業がフィッティングですが、事前に自分の足のかたちを知っておくとよりスムーズですし、自分に合った靴を手に入れられます。
足の型にはいくつかのパターンがあるので、どの型に自分が当てはまるかを確認しておきましょう。

まず、日本人に一番多いのが「エジプト型」と呼ばれるものになります。
これは親指が一番長く、他の指は小指に向かっていくに従って短くなるため、親指から小指に向かって斜めに角度を作ります。

もう一つのパターンは「ギリシャ型」というのものになります。
このパターンは第二指、つまり人差し指に当たる指が一番長く、ちょっと突き出た形になっている形を指しまし、それ以外の指は小指に向かって短くなっています。

三つ目のパターンは「スクエア型」と呼ばれています。
これは親指から中指に当たる第三指までがほぼ同じ長さで、平行している形を指します。
それ以外の指は、やはり小指に向かった徐々に短くなっています。

こうしたパターンの差があり、日本人の場合は「エジプト型」が全体の6割程度、「ギリシャ型」が3割程度、そして「スクエア型」が1割くらいと言われ、遺伝的な影響が関係しているとされています。
この他にも、足の型を左右するものとして、足が広く扁平になっているかどうかや、甲の高さなどがあるため、こうした特徴をフィッティングする前に押さえておくと非常に役立ちます。

【靴のサイズ表記】UK・US・EUインチについて換算表を公開!
靴のサイズ表記について、UK・US・EUインチや海外のサイズについて換算表を紹介!靴のサイズは近年オンラインショップ等で便利に購入出来るようになる一方、アメリカ・イタリア・イギリス等の所謂ヨーロッパサイズや各々国ごとにサイズ表記が異なり、サイズの選び方に悩むケースが多々あります。そんな悩みを解決すべく換算表を大公開!

足に合った木型の特徴とは?

革靴 フィッティング

こうした足のタイプによって、履きやすい革靴のスタイルも変わってきます。
大きな差になって出てくるのが、トゥの形状です。
たとえば、スクエアトゥは爪先が比較的広めに取られていて、スクエアになっているので、足のかたちもスクエア型が合いやすいのが特徴です。

オブリークトゥと呼ばれる、あまり爪先に角度が付いておらず緩やかなカーブを描くものもあるので、合わせて覚えておきましょう。
これは、エジプト型の足にフィットする一方で、第二指が長くなっているギリシャ型の足だと、この指が当たってしまって痛みをもたらすことがあるのでちゅういが必要です。

こうしたトゥによる違いの他にも、フィッティングでは足の甲の高さもしっかりと見ることが重要です。
実際の足の甲の高さと、木型の甲の最大高が合っているととても快適に感じ、窮屈で締め付けられているような感覚を与えることがありません。
また、しっかりと足にホールドしてくれるので歩きやすいく、靴ずれも起こりにくくなるメリットがあります。
そして、木型が合っているかを見るポイントとしてポールジョイントもとても重要なポイントになります。
これは親指の付け根のところから、反対側の小指の付け根までの寸法を指し、ポールジョイントがしっかり合っていると、革靴の中で足がずれることがなく靴ずれも起こりにくくなり、小指が圧迫されて痛いというのも防ぐことができます。

スーツと革靴の組み合わせ!おしゃれブランドや革靴の種類や色を解説!
スーツに合わせる靴のおしゃれな組み合わせについてイタリアコーデをまじえ紹介!気になるあのブランドや、そもそもの革靴の種類や色など幅広く掲載中!

あなたの足も計測しておくべき!

革靴 フィッティング

せっかくこだわりの靴を買いたいと思っているのであれば、事前にプロの手で計測してもらうことをおすすめします。
自分の足にしっかりと合った革靴を選ぶことで、より歩くのが楽になるし靴に与えるダメージも少なくなります。
フィッティングのプロがしっかりと甲高やポールジョイント、足型などをチェックしてくれ、実際に歩いて足に圧力がかかった時に、足幅がどのくらい広がるかなども考えてより正確な計測をしてくれます。
こうすることで、履いた時のフィット感だけでなく、歩いている時の快適さも確保できます。
今まで計測せずに、きつめ、もしくは緩めの靴を履いていたという人は、しっかりフィッティングすることによって、疲労感がかなり変わるはずです。
靴によって足にかかっていたストレスが減ることで、かく汗の量も減って蒸れがなくなるというのもメリットの一つになります。

イタリア靴のサイズ感や魅力に迫る!おすすめ高級ブランドも大公開!
大人のマストアイテムであり、高級革靴ブランドの王道とも言える『イタリア靴』のサイズ感や人気の秘訣を一挙大公開!サイズ表記・単位をはじめ、おすすめ人気ブランド5選を紹介!更に、今回本格的なイタリア靴が堪能可能なオーダーメイドショップ情報も掲載中。グッドイヤーウェルト製法を巧みに操るイタリア靴の最大の魅力とは・・・

失敗しないフィッティングのポイントはこれ!

革靴 フィッティング

ある程度自分の足型や計測した寸法を見ながら、マッチする革靴をチョイスした上で、まずは実際に履いてみて、かかとのフィット感を確かめます。
歩いた時に隙間ができて、かかとが浮いてしまうことがないか、逆にきつめで当たっている感じがないかをチェックしましょう。
そして、靴紐をしっかりと締めて、足の甲への当たり具合も歩きながら確認しましょう。
きつめだと足の甲もしくは指の上側に当たる感覚があるため、その時はそれほど気にならないかもしれないが、長時間歩くと疲労感を与えたり、痛みをもたらしたりすることになります。

デキる男が実践している革靴の正しい履き方とは?
革靴は正しい履き方、脱ぎ方をしないとかかと部分にダメージを与えてしまい、見た目の印象の悪くなることもあるため注意が必要です。 そこで、革靴の正しい履き方や脱ぎ方をチェックしてみよう。 合わせて、楽に脱ぎ履きできる靴紐の結び方や靴べらについても紹介していきます。

きつめの革靴には注意!

革靴 フィッティング

革靴は一般的にサイズが大きいものよりも、はじめは少々きつめの方が良いと言われることがあります。
革は伸縮性があるので、履いているうちに足のかたちにフィットしていくということは確かにありますが、しっかりとフィッティングして自分の足のかたち、寸法に合ったものは、最初から快適な履き心地ですし、ずっと長く履いていても緩くなることはありません。
革靴は決まったかたちになるように木型に合わせて作り、それが最も美しいフォルムとなるように考えられています。
きつめの靴を履くと、次第に革がなじんでくるのは事実だが、それにより理想的な靴のシルエットが崩れてしまうこともあるので、最初から適正な大きさと適正なかたちの靴を選んだ方が良いでしょう。

モテる男はスーツにローファーをコーデ!おすすめメンズアイテムをまとめ!
スーツに合わせるローファーを徹底検証!イタリアオヤジから学ぶメンズのマル秘コーデ術から、今流行のタッセルローファー等、人気おすすめアイテムを一挙大公開!おかしいなんて言わせないあなたに合った大人の着こなしやブランドに出会えます!

まとめ

今回は、革靴のフィッティングについて、失敗しない革靴の選び方を紹介してきました。
ビジネスでのパフォーマンスや、見た目を最大化させる上でも、革靴のフィッティングは非常に重要なポイントになります。
そんな中、多くのビジネスマンが、毎日勤務を共にする靴であるにも関わらず、自分にあった革靴選びを理解できていない傾向が強くあるため、是非革靴選びも、仕事の一部として捉え、あなたに合った最適な革靴選びの覚えておきましょう。