ブランド革靴

革靴×ジーンズのおすすめコーデ完全版!ダサいと言わせない基本はこれ!

ブランド革靴
スポンサーリンク

革靴にジーンズという組み合わせは、いろいろなコーデができてオシャレをするのが楽しくなる今おすすめしたいおしゃれコーデです。
ダサい格好にならないための、バランスを上手に取るポイントを解説し、合わせてにジーンズと合うおすすめのブランド革靴も紹介していきます。

革靴×ジーンズコーデの魅力とは?

革靴 ジーンズ

ジーンズはカジュアルファッションで欠かせないアイテムになります。
ジャケットに合わせることもできるし、ポップなシャツと組み合わせることもでき、かなり使える範囲が広いのが特徴的です。
しかし、コーデによっては全体に締まりのないダサいイメージとなったり、子どもっぽい装いとなってしまったりすることもあるのでしっかりとしたコーデのポイントを押さえることが重要です。
また、ジーンズコーデをより引き立たせるのが革靴になります。
ジーンズと革靴を合わせることで、メリハリを付けることができるのでおすすめです。
また、あまり固すぎず、逆に緩すぎずバランスの良い雰囲気にできるというのも、このコーデの魅力になります。

スーツにブーツはあり?マナーも考慮しスーツに合う5種類の王道ブーツを徹底検証!
スーツにブーツはあり?ビジネスマナーも考慮して5種類の王道ブーツを徹底検証致します!男性必見のビジネスマナーをはじめ、ショートブーツについて等、今おしゃれでおすすめのかっこいいコーデ術を画像も交え分かりやすく解説致します!カジュアルからフォーマルのまで、細かく解説をしているため、成人式や結婚式用途でも応用が可能です!

いろいろなシーンで使えるというのも、革靴×ジーンズコーデのメリットになります。
スーツのみのビジネスシーンはさすがに無理だが、職場のカジュアルデーなどに着ていくことができ、もちろん、普段着の一つとしてこの組み合わせをするのもカッコ良く、多少のフォーマルさとカジュアル要素を兼ね揃えているのが便利な点になります。

【最新版】スーツ×ローファーのメンズコーデ特集!おかしいと言わせないポイントはこれ!
【2021年最新版】スーツにローファーはおかしい?どんな組み合わせが最適?スーツにローファーはマナー違反?皆さんは普段このようなことを疑問に感じたことはないでしょうか?そこで、今回は簡単で即実践可能な、メンズマル秘コーデ術や、今流行のタッセルローファーの活用術等を、マナーも押さえた組み合わせを徹底解説致します。

合わせやすいジーンズの特徴とは?

革靴 ジーンズ

革靴はフォーマルなイメージがあるので、カジュアルシーンであってもジーンズはある程度カチッとしたタイプが合います。
色が薄めの生地でも問題はないが、穴あきやダメージ加工が目立つものは、全体のイメージに統一感がなくなってしまいダサいので避けた方が良いでしょう。

むしろ、綺麗めのジーンズが革靴と合わせやすく、リジットデニムはその代表例になります。
落ち着いた色に細めのシルエットというパターンが多いので、スマートな印象が強くなるため、これならブラックのフォーマルで履くような革靴に合わせても違和感は全くありません。
退色した明るめの色のジーンズでも、ある程度シルエットが細めであれば革靴と合わせやすいでしょう。

イタリア男に学ぶ!ビジネスでも使える黒スーツコーデを総まとめ!
黒いスーツに合わせるシャツやネクタイは何色?意外と難しい着こなしや、おしゃれコーデを総まとめ!黒いシャツやグレーシャツを用いたモノトーンコーデをはじめ、茶色い靴等、外しアイテムを用いたカジュアルコーデ等、黒いスーツの様々な着方やコーデを紹介。加えて礼服と黒いスーツの違い・結婚式の黒スーツコーデ等、気になる情報を掲載中!

革靴に合わせるならパンツ丈も要チェック!

革靴 ジーンズ

革靴とジーンズのコーデは、二つの色や材質だけでなくサイズ感も非常に大事になってくる。特にパンツの丈は大きなポイントとなってくる。いくつかの着こなし方があり、フォーマルよりの装いにしたいのであれば、革靴にかかるくらいのパンツ丈が良い。ただし、靴に裾が重なり何重にも折り目が付いてしまうと、ダボダボな印象でカジュアルっぽくなりダサくなってしまう。そのため、スラックスで言うところのハーフクッションくらいに留めておき、裾が靴の甲に触れるギリギリにするのがおすすめだ。この寸法だと、靴もちゃんと見えるしだらしなさがなくなるので、コーデもうまく収まる。

スーツのパンツ丈はノークッションが主流!断然格好良くなる方法とは?
現在のパンツ丈の主流とも言える『ノークッション』について徹底解説致します。そもそも3種類あると言われているパンツ丈の違いをはじめ、スナップも参考に、イタリア男のパンツコーデのポイントや、おすすめスラックスブランド3選についてもわかりやすく紹介しています。

よりカジュアル感を出したいのであれば、ロールアップするのも良い。パンツ丈を短くすることで、重いイメージを与えてしまいがちな革靴を軽く見せることができる。特にローファータイプの靴であれば、ノークッションとしてより軽く見せるのがコツである。色味のある革靴に落ち着いた色の靴下として、パンツとの境目をはっきりさせる。この手法は、黒の革靴でも効果的だ。普通の丈にしておくと、黒靴はどうしても重たくダサい見た目となる。そこで、パンツをロールアップすることで、軽やかさを出すことができるのだ。ちょっとしたパンツ丈の違いで、随分印象が変わってくるのでこうした点にも気を配って革靴とジーンズの組み合わせを楽しみたいところである。

スーツやパンツの丁度良い丈の長さはこれ!短い裾の流行も加味して解説!
ちょうど良いスーツやパンツの丈について、短めの流行も加味して徹底解説します!スーツの着丈や裾丈の基準は、時代と共に流行が変わってきます。現在はスーツの着丈や裾は短めが主流で、パンツ丈も短めが一般的化しています。短めが流行りとされている中、どのぐらいの丈にすべきかの基準について、画像もまじえ分かり易く解説していきます。