スーツの豆知識

ベストはサイズ選びが重要!ハイセンスな着こなしができるベストの特徴とは?

スーツの豆知識

ベストはカジュアルでもフォーマルでも着られるとても便利なアイテムです。
ベストを上手に着こなすには、着丈などのサイズ感にこだわることも重要になります。
どのようにして自分に合ったベストを選ぶか、どんなタイプのものがあるかをチェックしてみよう。

スポンサーリンク

ちょうど良いベストのサイズや着丈とは?

ベスト サイズ

ベストはスーツなどのフォーマルウエアにもカジュアルにも使える、かなり便利なアイテムです。
その分、しっかりと自分に合ったものを選ぶ必要があり、特にサイズ感は大事なポイントです。
わずかな着丈の差で印象が大きく変わることがあるので注意が必要になります。

ベストのサイズ感としてちょうど良いのは、体に沿うようにフィットしているというのが基本になります。
ベストと体に隙間ができてしまうと、ダサくなってしまうし、体の動きによって大きなシワがすぐにできてしまいます。
とはいえ、既製品の場合は完全にフィットさせると、体をひねったり腕を上げたりした時に窮屈になってしまうという点もあるので要注意です。
そこで、胸囲から6センチ程度の余裕を持たせるとバランスが良くなります。

また、着丈の長さだが、ベルトから下に垂れるくらい長いとダサくなってしまうし、他の服との相性も悪くなります。
逆に、ベルトがはっきりと見えるくらい短いと、サイズ感が悪い印象になります。
そこで、ベルトがちょうど隠れるくらいの微妙な着丈が一番良いということになりますが、こればかりは、足の長さなどもあるので、実際に着て鏡でチェックする必要があります。
こうすることで、ベストとパンツの組み合わせがナチュラルになって違和感がなくなります。

シャツは着丈が命!印象を変えるサイズ選びのポイントとは?
シャツの着丈が長いとダサいコーデになってしまいます。 しかし、着丈のバランスというのはわずか数センチの違いなので、見極めが難しいことは誰もが経験することでしょう。 どのようにシャツのベストの長さを決められるのか?おすすめのシャツブランドと一緒にチェックしてみよう。
スーツやパンツの丁度良い丈の長さはこれ!短い裾の流行も加味して解説!
ちょうど良いスーツやパンツの丈について、短めの流行も加味して徹底解説します!スーツの着丈や裾丈の基準は、時代と共に流行が変わってきます。現在はスーツの着丈や裾は短めが主流で、パンツ丈も短めが一般的化しています。短めが流行りとされている中、どのぐらいの丈にすべきかの基準について、画像もまじえ分かり易く解説していきます。

ベスト1着でカジュアルからフォーマルまで変幻自在!

ベスト サイズ

ベストが優れたファッションアイテムとして多くの人に愛されているのは、いろいろなシーンに応用できるところにあります。
同じベストでも、コーデによってフォーマルでもカジュアルでもいけます。
こうした汎用力の高いベストを探しているのであれば、落ち着いた色のもの、着丈などサイズ感がしっかりとしているものを選ぶのがコツになります。

カジュアルでベストを着るのであれば、シャツの雰囲気と合ったものを選ぶと違和感がありません。
特にサイズ感の一致は大事で、あまりダボダボのシャツだとベストの部分だけ締め付けられて、他の部分が膨らんで見えてしまうことがあるので要注意。
ある程度スマートなシルエットのシャツを選ぶこともポイントで、これさえ押さえておけば、柄や色は融通が利き、無地でもチェックでもいけます。

フォーマルではさらにベストが使いやすく、ネクタイはもちろんのこと、ボータイもベストだと大概の人が似合います。
あまり日本ではボータイを着ける習慣がないですが、ベストを着用した時にはボータイという選択肢を考えてみるのも楽しいので是非トライしてみて下さい。
また、いつも着けているネクタイと変えるという意味で、ニット生地のネクタイをするのも雰囲気が変わってとても良いです。
シャツとネクタイをうまくまとめてくれる力がベストにはあるので、いつもとは異なる装いに挑戦してみる手がかりとして使えます。

ネクタイの選び方はこれ!年代別の種類や生地などの基本とは?
ネクタイの選び方を一挙大公開!ネクタイの選び方は、ビジネス用や結婚式用、プレゼント用など、活用用途に応じて選ぶ基準が異なります。そんな中、20代・30代・40代・50代と年代別にみるネクタイのベストな選び方を総まとめ!ネクタイの色や柄をはじめ、生地の種類など、幅広く必要情報を掲載中!

ベストの種類も押さえろ!

ベスト サイズ

ベストの選び方のポイントは、サイズ感だけではありません。
スタイルにもいろいろな違いがあります。
たとえば、襟が付いているかどうかは大きな印象の違いにつながり、スリーピーススーツの組み合わせとして着る場合、襟がなくてもしっくりまとまります。
一方でシャツのみとの組み合わせの場合は、襟があった方がスタイリッシュに見えることもあります。
さらに、ポケットが設けられているかというのも、見た目に違いを与えます。

スーツの上着とジャケットの違いとは?サイズ・ボタンやポケットも!
スーツのジャケットと、ジャケパンで使うジャケットの違いについて細かく解説!サイズ感や丈の違いから、生地、ボタンにポケット等の細かいパーツまで様々な違いがあるジャケットですが、それぞれの違いの知識を身に付けることで、最適な着こなしが実現可能に!合わせるパンツやネクタイ選びに加え、直しを行う際にもおすすめな情報が満載!

こうした違いに基づき、いろいろな種類のベストがある。たとえば、『ジャーキン』と呼ばれるタイプは、襟がなく細めのシルエット、着丈が短くシャープなサイズ感のものをさし、『ファンシーベスト』は、形は一般的だが生地に派手な柄を使うなどして、印象的なデザインに仕上げています。

上級者はボタンなどのディテールにもこだわれ!

ベスト サイズ

スタイルの違いの他にも、上級者ならディテールにこだわっていきたいところです。
たとえば、ベストはボタンが前面に出てくるので、これを光沢のあるものやカラーにするなどして、アクセントをつけることができます。
また、ポケットのスタイルをハンギングにしたものにする、ラペルにステッチが入ったものを選ぶなどして、個性を演出することが可能です。

ボタンなどは、既製品のベストに、別途購入した好みのものを自分で付けるという方法もあります。
同じベストでも、ボタンを付け替えるだけでこんなに雰囲気が変わるのかと驚きます。
こうした工夫も楽しいので、上級者ならいろいろと試してみると更にお洒落度が倍増します。

今おすすめしたいブランドベスト3選はこれ!

ベスト サイズ

カジュアルシーンでの着用をメインに考えたいのであれば、「タリアトーレ 」がおすすめです。
個性的なデザインを得意としているブランドで、ベストもハッと目を惹くものが多いです。
素材へのこだわりも強く、質感も耐久性も高いので長く着られます。

タリアトーレ(TAGLIATORE)で色気漂う着こなし!店舗はこちら!
イタリアの人気ブランド『タリアトーレ(TAGLIATORE)』のアウター特集!ラルディーニとのラペルピンの比較や、人気デザイナーであるピーノ氏の粋な着こなしや、コーデも掲載!オーダーメイドな着心地で人気が高いピーノラインや各モデルの特徴・品質も大公開!バーニーズやエストネーション等、公式店舗も確認し今すぐアクセス!

シックな雰囲気でまとめたい、カジュアルでもフォーマルでも着たいということであれば、「アルマーニ 」がおすすめです。
上品でアクがないので、いろいろなスタイルに取り入れることができます。

アルマーニ(ARMANI)のスーツが選ばれる驚愕の理由とは?
高級ブランドの中でも最高ランクと称されるアルマーニのスーツを徹底解説!幅広い年齢層に愛用されるアルマーニのスーツの気になる値段や評判とは?また、ジョルジオアルマーニをはじめ、エクスチェンジやコレツィオーニ等、各モデルの種類やイメージ、更にはロゴについても、紹介中!公式店舗情報も確認の上、今すぐ最寄りの店舗にアクセス!

ずっと着られる質の高いベストが欲しいというのであれば、オーダースーツブランドで作ってみるのも良いだろう。「JUMELER」は、それぞれの体型や好みなどに合わせて、スーツオーダーをしてくれます。
ベストも体にフィットしたものを作ってくれるので、ワンランク上のファッションができます。

まとめ

今回は、ベストのサイズ選びのポイントや、ベストの種類についてをはじめ、ブランドベスト3選など、ベストに関する情報を幅広く紹介してまいりました。
ベストはサイズ感や種類によって、カジュアルからフォーマルまで幅広く活用出来る上級コーデになりますので、是非ともこれを機に、あなたに合った様々なベストスタイルに挑戦してみては如何でしょうか?