スポサーリンク

グレースーツ特集!ライトグレーも含めシャツやネクタイまで全身コーデ!

ネイビースーツを着始めて数年、そろそろ違うカラーのスーツが着てみたい、と思っている方、必見です。
スーツの色としてネイビーに次ぐ人気のグレー。
淡いライトグレーから黒に近いようなチャコールグレーまで、濃淡差に加え、光沢でも着こなしを楽しめるグレーのスーツの良い点や悪い点、コーディネイト例などをまとめました。

スポンサーリンク

スーツと言えばネイビーかグレーが鉄則

スーツといえば、色はネイビーかグレーというのは、ビジネスマンの鉄則と言われて久しいのが事実。
スーツ着用歴ン十年という方でなくとも、1着はグレーのスーツを持っているのではないでしょうか。
ネイビーとは違った色を、と思った時に、ショップで勧められて購入した、という例が多いかもしれません。

グレースーツはコーデしやすく洗練されたイメージも

どうしてもネイビーの次席的な扱いのグレーのスーツですが、着こなせるようになると、季節を選ばず着られてコーデもしやすい色であると同時に、洗練されたイメージを持つ色であることが分かるはずです。
また、グレーは濃淡の違いで、シチュエーションに合わせた着方ができるという利点があります。

ネイビースーツの濃淡差には限度がある

ネイビーに代表される青系スーツの場合、色が濃い分には問題ありませんが、淡く明るくなるにつれフォーマル色が薄れ、ネクタイをしていてもカジュアル感が抜けないイメージでなのは否めません。
そのせいか、薄く淡い青のスーツは、ショップで見かけることは少ないようです。
ましてビジネスシーンであればなおさらでしょう。

グレースーツは濃淡差を生かした着方を楽しむこと

その点、グレーは、落ち着いた雰囲気を感じさせる濃い目のチャコールグレーから、軽快でモダンな印象の淡いライトグレーまで、濃淡の幅を生かした着方ができるのが大きな特長です。

グレースーツは他の色を際立たせる効果あり

また、グレーは中間色なうえ背景色ともいえるほど、存在感を消したような感じという印象の薄い色です。
しかし、そうした存在感の希薄さが、三原色に代表される赤や黄、緑などの色の邪魔をせず、裏方に徹するように、他の色を目立たせる効果もあるのです。

グレースーツはグレーの統一コーデでも違和感なし

強調したいのは、存在感が薄いグレーながら、同じグレーとも合わせられる、というメリットもあること。
例えば、ミディアムグレーのスーツに白ワイシャツ、濃いグレーの無地ネクタイ、といったシンプルな組み合わせでも違和感がありません。

グレースーツは40代以上だと格調高く知的なエグゼクティブに

むしろ、40代以上の方が着ると格調高く知的なエグゼクティブといったイメージを演出できるコーディネイトになるのです。
さらに、ワイシャツやネクタイにとどまらず、靴も合わせやすく、黒やダークブラウンも受け入れてくれるのが、グレーのスーツのメリットなのです。

ライトグレースーツは疲労感があるように見えるのがデメリット

いいことずくめのグレースーツのようですが、デメリットがないわけではありません。
濃いグレーであれば、それほどでもありませんが、ライトグレーの場合は色としての疲労感というか、背景色のイメージを越えられず、こなれていない感じが出てしまうことがあることです。
ヨレヨレだとなおのことなので、シワができないように注意が必要になります。

価格:112,000円(税込)

グレースーツに埋もれるようであればVゾーンに工夫を

また、目鼻立ちがくっきりして華やかなイメージの方であれば、グレースーツはお勧めですが、そうでないとグレーという色に埋もれた感じになってしまうので要注意です。
Vゾーンを工夫して華やかさが出るようにしましょう。

光沢あるグレースーツは高級感を醸し出す

また、光沢のあるグレースーツは、シルバーにも見える高級さが感じられる装いになります。
40代以上には相応しいかもしれませんが、20~30代の場合は、営業職での箔付けなど目的がないと難しい着こなしでしょう。

タイトルとURLをコピーしました