シャツの豆知識

モテるTシャツ&メンズコーデ特集!今年のトレンドや着こなしを一挙大公開!

シャツの豆知識
スポンサーリンク

夏の時期から残暑厳しい今の時期、Tシャツを着る機会はまだまだぐんと増えてきます。
いろいろなメンズコーデができますが、白シャツの上手な着こなしができれば、キレイ目系のスタイルもカジュアルスタイルにも応用が利くためそのポイントをチェックしてみよう。

イケてるTシャツの着こなしはパンツ選びが重要!

Tシャツ 着こなし

夏の暑い時期になるとTシャツをファッションに取り入れることが多くなります。
何枚も服を着ることがないので、上手にコーデをしないといかにも無難でありきたりなスタイルとなってしまうため、オシャレな着こなしには一工夫が必要です。

Tシャツコーデを際出させるパンツ選びの重要性!

その一つのポイントがパンツ選びにあります。
メンズのシャツスタイルは、基本的にあまり柄がなく、シンプルなものを選ぶことが多いですが、その分、味気ないファッションとならないように、パンツとの組み合わせを考えることが重要になってきます。
また、ベーシックなTシャツに対して、柄が強かったりシルエットがマッチしていなかったりするパンツをはいてしまうと、上下のバランスが悪くなってしまうので、全体の統一感を持たせるためにも、シャツとパンツのコーデはじっくりと考えることが欠かせません。

モテる男のシャツ×パンツコーデ特集!イタリア男の着こなしを総まとめ!
シャツとパンツの王道とも言えるコーデを覚えると、着こなしのレベルがぐっと上がる。 そこで、ビジネスシーンでいつも履くスラックス、そして日常生活で着ることが多くなるチノパンなど、それぞれのパターンに合わせてコーデ方法をチェックしてみよう。

カジュアルの定番!白Tシャツ×ジーンズが最強!

Tシャツ 着こなし

Tシャツとパンツの組み合わせはいろいろなパターンが考えられますが、やはり白Tシャツとジーンズの組み合わせは最強と言えます。
一見するとオーソドックス過ぎるコードですが、素材やシルエット、サイズ感などに工夫を凝らすことによって、おしゃれな着こなしができるようになります。
逆に言うと、着る人のセンスが問われるところでもあるので、きちんと考えた上で着こなしたいものです。

ゆったり白Tはジーンズも太め!

たとえば、多少ゆったり目の白Tシャツを着るのであれば、それに合わせてジーンズも太めのものにするとしっくりきますし、しかも、ジーンズの色は濃すぎず、多少退色したものを選ぶことでカジュアル感を出すこともできます。

【ローファー×ジーンズ】大人のメンズコーデはこの組み合わせが最強!
ローファーとジーンズの組み合わせというメンズコーデは、さわやかで綺麗めのスタイルを作ることができ、ローファーの選び方、ジーンズの色やシルエットによって随分と雰囲気が変わってきます。 ポイントをチェックして、自分のコーデに取り入れてみよう。

タイトな白シャツには濃い目のジーンズを!

逆に、少しタイトなシルエットの白シャツを着るのであれば、濃いめの色のジーンズで、窮屈になり過ぎない程度にスリムフィットのものを選ぶと良いでしょう。
上下のバランスを取ることを重視して、カジュアル感の強弱を考慮するとうまく着こなしができるのです。

色気が漂う白シャツの着方とは?相性抜群なネクタイの合わせ方を伝授!
スーツのワイシャツ特集!基本の色となる白シャツコーデをテーマに、スーツの色別やネクタイの柄をベースにイタリアオヤジの着こなしを紹介!

ストリート感も演出できる!

ちょっとストリート感を出せるのも、この組み合わせの良いところです。
大きめサイズのシャツを選ぶのがベストで、ワンポイントでロゴなどが入っていても良いでしょう。
ただし、派手な印象にならないように、あくまでもワンポイントに押さえておくことがカギとなり、その上で、ジーンズは退色した薄めのものにして、太めのシルエットを選びます。
これにストリートっぽいスニーカーを組み合わせれば、全体の雰囲気がまとまってカッコいいコーデに仕上がります。

革靴×ジーンズのおすすめコーデ完全版!ダサいと言わせない基本はこれ!
革靴にジーンズという組み合わせは、いろいろなコーデができてオシャレをするのが楽しくなる今おすすめしたいおしゃれコーデです。 ダサい格好にならないための、バランスを上手に取るポイントを解説し、合わせてにジーンズと合うおすすめのブランド革靴も紹介しています。

Tシャツ×スラックスで清潔感を演出!

Tシャツ 着こなし

メンズカジュアルでもよりキレイめの着こなしをしたいのであれば、スラックスを選ぶのも一つの手になります。
もちろん、いかにもフォーマルという堅苦しいスラックスではなく、生地やシルエット、色の面で多少カジュアル感が出ているものを選ぶのがポイントになります。

グレーやネイビーのタイトスラックスはノークッションで攻める!

たとえば、グレー系の色で細めのシルエットのスラックスをノークッションの裾ではくなど、シャツはいろいろな選択肢がありますが、清潔感を強調したいのであれば濃いめのネイビーなども良いでしょう。
さわやかで落ち着いた印象にまとめることができるので、好感度アップを狙えます。

価格:31,320円(税込)
ブランド:ブリリア1949
国:イタリア

スーツのパンツ丈はノークッションが主流!断然格好良くなる方法とは?
現在のパンツ丈の主流とも言える『ノークッション』について徹底解説致します。そもそも3種類あると言われているパンツ丈の違いをはじめ、スナップも参考に、イタリア男のパンツコーデのポイントや、おすすめスラックスブランド3選についてもわかりやすく紹介しています。

太めのスラックスはダブルの仕様に!

また、ちょっと太めのメンズスラックスをはくというのも楽しい着こなしができます。
裾はダブルにして全体的にゆとりのあるイメージを強調した上で、ノークッションにしてだらしない印象を持たせないように工夫することがポイントです。
シャツはスラックスのシルエットに合わせて、多少ゆったりサイズのものが良く、柄無しのすっきりとしたシャツを着ることで、全体に清潔感が出てきます。

モテる男のシャツ×パンツコーデ特集!イタリア男の着こなしを総まとめ!
シャツとパンツの王道とも言えるコーデを覚えると、着こなしのレベルがぐっと上がる。 そこで、ビジネスシーンでいつも履くスラックス、そして日常生活で着ることが多くなるチノパンなど、それぞれのパターンに合わせてコーデ方法をチェックしてみよう。

革靴やスニーカーを取り入れて他にアクセントを!

Tシャツ 着こなし

メンズシャツとパンツという組み合わせは、ともするとシンプル過ぎて印象が薄くなってしまいがちになるため、アクセントとなる小物の働きが重要になってくるため、特に気を配りたいのが靴になります。

清涼感を出すなら、ローファーコーデがおすすめ!

上下を細めのシルエットでまとめて清潔感のあるコーデにしたい時に、革靴を履くとその雰囲気がより強まり、革靴の中でもローファーなど軽めの靴が特に合うでしょう。
しかし、靴紐がある普通の革靴だとフォーマル感が強くなってしまって、ジーンズとTシャツというカジュアルなイメージとのバランスが合わなくなることがあるので注意が必要です。

価格:37,400円(税込)
ブランド:ジャランスリワヤ(JALAN SRIWIJAYA)

モノがイイ
それなりのお値段ですが価格相応の靴。コスパはイイと思いました。なかなかネイビースエードのローファーはありそうでなく、これにたどり着きました。サイズは普段はパラブーツ7、ナイキ8 1/2、今回は7 1/2 購入。薄手の靴下だと若干余ります。あくまで目安です。

楽天市場
モテる男はスーツにローファーをコーデ!おすすめメンズアイテムをまとめ!
スーツに合わせるローファーを徹底検証!イタリアオヤジから学ぶメンズのマル秘コーデ術から、今流行のタッセルローファー等、人気おすすめアイテムを一挙大公開!おかしいなんて言わせないあなたに合った大人の着こなしやブランドに出会えます!

コーデに万能!スニーカーコーデ!

スニーカーはたいがいの組み合わせにマッチするので、いろいろなコーデに使えます。
キレイ目系のコーデをするのにも良いし、ストリート寄りのスタイルにも合いますが、スニーカーコーデの際には、スニーカーの色とサイズ感に注意しよう。
白一色などのシンプルなものはすっきりとしたシルエットのパンツに合う一方で、ゆったりサイズで色味が強いスニーカーだとカジュアル感が強調されるので、それに合わせてシャツとジーンズもゆったりサイズにするのがおすすめです。

価格:3,490円(税込)

普段28センチを履いてますが、28.5センチを購入しました。何の問題もなく履いてます。コンバースやバンズで他者と被るのが嫌な人には特にお勧めなスニーカーです。

楽天市場
スニーカーのサイズ選び完全版!失敗しない方法とポイントを解説!
スニーカーはサイズ感がとても大事なポイントとなり、履き心地だけでなく、見た目の印象にも関わってくきます。 適切なサイズ選びの方法や、大きめのサイズの方が使い勝手が良い理由とともに、おすすめブランドを幅広く紹介していきます。

リゾート感が漂うニットシャツもトレンド!

Tシャツ 着こなし

ニットシャツはメンズコーデで使いやすいアイテムになります。
ソフトなイメージが強くなるので、カジュアルなシーンで威力が発揮します。
アースカラーのちょっとゆとりのあるサイズのパンツと合わせると、全体的なバランスが取れてまとまりが出るので是非一度試してみて下さい。
もちろん、ニットシャツも細身のものを選ぶのであれば、パンツもスリムフィットをチョイス。
濃いめの色を選んで、スタイリッシュな雰囲気を前面に出すのもありです。

価格:19,800円(税込)

まとめ

まだまだ、暑い日が続く中、今回はTシャツコーデの全貌を細く解説してきました。
今年のトレンドや着こなしのポイントなど、組み合わせのコツを様々な角度から解説してみましたので、これを機に、あなたにあった、粋なTシャツコーデに是非ともトライしてみて下さい。