シャツの豆知識

Tシャツの着丈で印象操作!サイズの測り方を押さえてメンズコーデを極めろ!

シャツの豆知識

Tシャツはシンプルな服の構造である分、サイズ感が非常に重要になってくきます。
そのため、着丈の測り方、身長と対比したシャツの長さの違いがどんな見た目の印象の違いとなってくるかを知り、コーデに生かすことは重要です。
そこで、サイズの測り方を押さえてメンズコーデを極めてみよう!

スポンサーリンク

Tシャツの着丈であなたの印象は変わる!

Tシャツ 着丈

Tシャツは服の作り自体が非常にシンプルな分、サイズ感がとても重要になってきます。
アウターを重ねることがあまりなく、肌の上に直接着るため、体のラインが出やすくなるのが大きな理由となっており、サイズが合っていないものを着てしまうと、窮屈な感じを与えたり、逆にだらしない印象になったりしてしまうので注意が必要です。
同じ柄、同じ色のシャツであっても、サイズの違いによって大きな差が出てくるので、購入する際にはしっかりとサイズを合わせる必要があるので押さえておこう。

同時に、サイズ感の違いによってコーデの雰囲気を変えられるというメリットもあります。
体にフィットしたものを選ぶことで、よりスタイリッシュで清潔感のある雰囲気を出すことができる一方で、ゆったりとしたサイズであればカジュアル感が強くなるし、ソフトで柔らかい印象を強調することも可能になります。
サイズが見た目に与える印象というのも考えて選ぶと、よりコーデの幅が広がってくるとも言えるでしょう。

モテるTシャツ&メンズコーデ特集!今年のトレンドや着こなしを一挙大公開!
夏の時期から残暑厳しい今の時期、Tシャツを着る機会はまだまだぐんと増えてきます。 いろいろなメンズコーデができますが、白シャツの上手な着こなしができれば、キレイ目系のスタイルもカジュアルスタイルにも応用が利くためそのポイントをチェックしてみよう。

Tシャツのサイズ選びと測り方を押さえておこう!

Tシャツ 着丈

Tシャツはサイズの違いによって大きな差が出てくることはご理解いただけたと思います。
ここからは、サイズを選ぶ際に重要な、サイズ選びと測り方について、ポイントを掻い摘んで解説していきます。

スーツやパンツの丁度良い丈の長さはこれ!短い裾の流行も加味して解説!
ちょうど良いスーツやパンツの丈について、短めの流行も加味して徹底解説します!スーツの着丈や裾丈の基準は、時代と共に流行が変わってきます。現在はスーツの着丈や裾は短めが主流で、パンツ丈も短めが一般的化しています。短めが流行りとされている中、どのぐらいの丈にすべきかの基準について、画像もまじえ分かり易く解説していきます。

『着丈』の測り方

Tシャツの測り方で大事なポイントとなるのが着丈になります。
着丈と身長の対比によってかなり視覚的な違いが出てくるので、特に寸法には気を配りたいもの。
着丈とは、首の後ろの部分から裾まで下りる長さのことを指し、ここでのポイントは、正面側の寸法ではなく、背中側の長さを見るということにあります。
着丈はシャツの構造や作りが変わってもそれほど大きな違いが出てこないため、自分の身長に合った寸法を押さえておくとサイズ選びがしやすいので押さえておこう。

『身幅』の測り方

着丈と同時に見たいのが、身幅になります。
身幅の測り方は、脇の下の一方からもう片方の脇の下までの長さを見ます。
この測り方にも注目することで、シャツのゆったり感を決めることができ、身幅が小さいとたくましい男性の胸囲を強調することもできますが、逆に窮屈な印象を与えてしまうこともあります。
一方で、ゆとりのあるサイズにすると、ストリート感が出てくるが、バランスよくサイズを見ないといかにもサイズの合っていない、だらしないだけの格好となってしまうこともあるので注意が必要です。

『袖丈』の測り方

袖丈の測り方も確認しておきましょう。
これはシャツの肩の縫い目から袖裾までのことを指し、スポーツタイプのものなどは、多少短めでもすっきりとしたイメージにできるので良いですが、しかし、多くのTシャツのタイプでは多少長めに作られていて、ゆとりを持たせています。
身長との関係もありますが、短すぎるとバランスが悪く見えてしまうので注意が必要です。

ショート丈が与える印象とおすすめコーデとは?

Tシャツ 着丈

ショート丈はパンツに数センチしかシャツがかからないので、軽快感があると共にアクティブな雰囲気が強調されます。
ただし、ベルトがはっきりと見えたり、おへそが出たりするような短すぎる着丈は、メンズではほとんど見られない傾向にあります。
ある程度腰回りにかかる長さに留めておくのが良いでしょう。

ショート丈は腰回りがすっきりするので、スリムに見える、足が長く見えるといった視覚的な効果があります。
こうした効果を生かして、キレイ目系のコードをするのがおすすめです。
さわやかなイメージが強いホワイトのシャツにして、パンツもグレーや濃いめのジーンズなどにし、シンプルになり過ぎる場合は、小ぶりの装飾が入ったネックレスをつけるというのも良いでしょう。

スニーカーの色選びで迷ったらこれ!メンズコーデにおすすめな色とは?
スニーカーはいろいろなファッションスタイルに取り入れられます。 そのポイントとなるのが色使いにあり、どんな点に注意してスニーカーを選べばよいのか?おすすめのメンズコーデを紹介しながら、そのポイントを解説していきます。

ジャストサイズが与える印象とおすすめコーデとは?

Tシャツ 着丈

ジャストサイズは流行に左右されず、たいていの服に合わせられるので便利な長さになります。
身長にマッチしているので、全体的なバランスも取りやすいというのがメリットです。
腰骨が隠れるくらいの丈にするのが普通で、清潔感や軽快さが失われることもなく、オーソドックスなサイズになるため、いろいろなコーデができるのも魅力的です。

たとえば、ブラックや濃いめのネイビーなどのシックな色合いのシャツに、革のベルト、濃いめの色のスラックスやジーンズを合わせるのがおすすめです。
大人の男性の魅力を強調できる落ち着いたコーデができ、逆に、薄めの色のチノパンにスニーカーという組み合わせで、カジュアル感を強調するのも良いでしょう。
この場合、パンツの裾はノークッションくらいにして、足元をすっきりまとめると全体のバランスが良くなります。

スーツのパンツ丈はノークッションが主流!断然格好良くなる方法とは?
現在のパンツ丈の主流とも言える『ノークッション』について徹底解説致します。そもそも3種類あると言われているパンツ丈の違いをはじめ、スナップも参考に、イタリア男のパンツコーデのポイントや、おすすめスラックスブランド3選についてもわかりやすく紹介しています。

今流行のゆったりロング丈が与える印象とおすすめコーデとは?

Tシャツ 着丈

ロング丈は今流行のサイズ感になり、身長との対比で、着丈だけを長くしているスタイルが多く見られます。
また、袖丈や身幅も含め、全体に大きめになっているアイテムもあり、ゆったりとした着こなしをすることもできるので、アウターと合わせたり、シャツの重ね着をするといったコーデもでき、バリエーションも多く持てるのが魅力の一つでもあります。
細めのシルエットのシャツであれば、パンツもスリムフィットにしてライトグレーなど薄い色にすると、清潔感が出ておしゃれに仕上がります。
また、重ね着をするというのもおすすめのコーデになるので是非挑戦してみよう。
色の異なる二枚のシャツを重ねて、腰回りにアクセントとなる色をちらっと見せる!
メリハリが付いてまとまりのあるコーデができます。

価格:19,800円(税込)

価格:9,900円 税込

価格:8,800円(税込)

Tシャツの重ね着はゆったりしたロング丈を取り入れろ!コーデ映えするアイテムも紹介!
Tシャツのメンズコーデの仕方として、重ね着をする人を多く見かけます。 確かに定番でもあり、オシャレに着こなすこともできますが、ポイントを外すとダサい恰好になってしまうので注意が必要です。 そこで、上手に着こなすための外せないポイントを紹介していきます。

まとめ

今回は、Tシャツの着丈について、着丈が与える印象についてや、サイズ選びの極意をはじめ、丈の違いからなるおすすめコーデについて、紹介をしてきました。
メンズファッションは、Tシャツコーデ以外においても、サイズ選びが最も重要です。
むしろ、サイズ感さえ押さえていれば、おかしいということはよっぽどのことがない限りなり得ません。
今流行のロング丈コーデにも挑戦して頂き、アイテム一つで様々な見え方や、印象の違いを実感してみよう。