シャツの豆知識

Tシャツの重ね着はゆったりしたロング丈を取り入れろ!コーデ映えするアイテムも紹介!

シャツの豆知識
スポンサーリンク

Tシャツのメンズコーデの仕方として、重ね着をする人を多く見かけます。
確かに定番でもあり、オシャレに着こなすこともできますが、ポイントを外すとダサい恰好になってしまうので注意が必要です。
そこで、上手に着こなすための外せないポイントを紹介していきます。

Tシャツの重ね着をメンズコーデに取り入れるのはダサい?

Tシャツ 重ね着 メンズ

Tシャツのメンズコーデの方法はいくつかのパターンがありますが、重ね着もその一つのスタイルになります。定番とも言える着こなし方ではあるが、上手にしないとダサくなってしまうことがあるので注意が必要です。
単にシャツを重ねるだけになってしまうと、重たい印象になったり、色が多くなってまとまりのない着方に見えたりすることがあります。

しかし、重ね着をする意味と目的をしっかりと理解した上で、バランスよくシャツを重ねるのであれば、Tシャツ一枚で着るよりもずっとおしゃれに仕上がります。
全体の印象にメリハリが付きますし、視覚的な効果によってスタイルが良く見えることもあります。
要は着こなしの仕方次第ということなので、おしゃれに着るためにも、しっかりとメンズコーデの基本を押さえておこう。

モテるTシャツ&メンズコーデ特集!今年のトレンドや着こなしを一挙大公開!
夏の時期から残暑厳しい今の時期、Tシャツを着る機会はまだまだぐんと増えてきます。 いろいろなメンズコーデができますが、白シャツの上手な着こなしができれば、キレイ目系のスタイルもカジュアルスタイルにも応用が利くためそのポイントをチェックしてみよう。

Tシャツを重ね着した時の印象とは?

Tシャツ 重ね着 メンズ

Tシャツの重ね着を上手にすると、シャツを一枚だけにした時よりも、メンズコーデのバランスが整って見えます。
と言うますのも、シャツとパンツの組み合わせは、たいてい無地のシンプルな服を選ぶことが多く、どうしてもパンチに欠ける印象になってしまいます。

シンプルコーデはアクセントを活用し締まった印象を演出!

無地系のシンプルな服を選ぶ際、色味の異なるシャツを加えることで、アクセントとなる色が出て全体が締まるという効果を見せてくれます。
具体的に言うと、グレーやブラックなどの濃いめのTシャツに、やはり濃い色のジーンズやブラック寄りのスラックスをはくとします。
こうしたスタイルでは、アクセントカラーがないのでなんとなくボケたファッションになりがちになるので、そこで、丈の長いシャツを中に着て、ウエストからわずかに見せます。
こうすることで、ベルトで上下の間にアクセントを付けるのと同じような形で、メリハリが出てきます。

足を長く見せる効果も!

また、足が長く見えるという効果も生み出します。
長めの丈のシャツを中に着て、腰回りから出すことによって、股ぐりが隠れるのため、視覚効果によって足が長く見えます。
スタイルを良く見せるためにもシャツを重ねるのは有効な手段なので、上手にこのメリットを生かしたいところです。

Tシャツの重ね着で定番のロング丈シャツ!

Tシャツ 重ね着 メンズ

上記でも若干触れているが、重ね着をしたい時に使いやすいのがロング丈のTシャツです。
胸囲や肩回りなどは普通のシャツと同じですが、着丈だけが長くなっているのが特徴です。
これだけを着ると、なんとなくだらしない感じになってしまうこともあるので、あまり選ばないという人も多いでしょうが、しかし、他のシャツと重ねるという時には非常に便利なアイテムとなります。
と言うのも、着丈が長いので上に着るシャツの下から腰回りに数センチだけのぞくようになるからです。
トップのシャツの色と違うものを選ぶことで、二つのシャツの色の対比を楽しめるのが魅力的なコーデ術です。

ロング丈の視覚的効果をうまく利用しよう!

一口にロング丈のシャツと言ってもいろいろあり、それぞれに重ねる時の見た目が異なります。
たとえば、スクエア型の裾で全体が均一に長くなっているものであれば、重ねた時の対比がはっきりとしてベルトをしているような視覚的効果がある一方で、ラウンド型、つまり中央部分がより長くなっているタイプの裾もあります。
これだと、正面部分がより下に出てきて、サイドはほんの少ししかのぞきません。
上のシャツをスクエア型にすることで、直線と曲線の違いを見せられるのが楽しく、下のシャツがしつこくならず、軽くなるのですっきりとまとめられるという利点もあるので押さえておこう。