スポサーリンク

おしゃれスーツの人気カラーはこれ!おすすめする色の種類や特徴とは?

スポンサーリンク

ビジネスを含め、スーツをフォーマルな場で着る際に注意したいポイントの一つが、スーツの色です。
ショップに行けば分かることですが、ネイビーやグレー、ブラウンといったダーク系の色のスーツが中心です。
ビジネスシーンで着るスーツが、色が違うことで、見る人にどのような印象を与えるのかを紹介するとともに、オーソドックスなスーツから受ける色ごとのイメージなどを総まとめとして解説しました。

スポンサーリンク

スーツの色が人に与えるイメージや印象とは?

出展:伊勢丹メンズ館公式

スーツの色が、人々に与える印象から、まず説明しましょう。
濃淡で表現できる色の場合、スーツとして選んで着るのは圧倒的に濃い色、あるいは濃いめの色になります。

ショップに置かれたスーツの色も濃いめが中心

このことは、ショップに並ぶスーツの色を思い起こせば納得がいくはずです。
ネイビーを筆頭に、チャコールグレー、ダークブラウンといった定番の色のス ーツがぶら下がっていたはずです。

濃い色の種類は、スーツの色として安定感や落ち着きを与える

なぜなのでしょう? ネイビーやダークブラウン、チャコールグレーといった濃い色の種類は、心理的に安定感、落ち着き、安心感といった信頼感のような感じに加え、場合よっては知的なイメージも与える色であることが分かっています。

スーツの色だけで良い印象を与えられるわけではない

つまり、ダーク系の濃いスーツに身を包んでいると、極端な言い方をすれば、 色が持つ良い印象を、着ている人への印象に重ね合わせて見る傾向となるのです。
もちろん、色だけで相手にポジティブでよい印象を与えられるわけではなく、 言動を始めとする自信ある態度にプラスとなるのが、ダーク系の色のスーツ、 ということになるのです。

代表的なスーツの種類!4つの色ごとに印象などを解説

さて、ダーク系の色のスーツ、といっても以下のような4色のスーツが代表でしょう。
ここから、ダーク系とライト系のスーツの色によるイメージ、印象などを色ごとに説明してみます。

おしゃれな色と言えばやっぱりネイビー

ビジネスシーンを含め、最もオーソドックスでおしゃれの定番、スーツを代表すると言っても過言ではない色です。
落ち着きや誠実さを感じさせるとともに、知的な印象を持たれる色であるのがネイビーになります。
ただし、あまりにも一般的な色なので、営業活動などでは時間の経過とともに忘れられてしまうことも。
スーツの色以外で、たとえばコーディネイトや話術で、相手に覚えてもらえる工夫をしましょう。

価格:(税込112,000円)
ブランド:ラルディーニ

ジャケパンならラルディーニ(LARDINI)がおすすめ!気になるお値段は?
ラルディーニのジャケットの着こなしやコーディネートを紹介しながら、特徴や評判、取扱い店舗やお値段まで、幅広く紹介!

ビジネスシーンでおすすめな色といえばチャコールグレー

ネイビーに次いで、ビジネスシーンでおすすめで、尚且つ着用機会が多い色がチャコールグレーです。
濃い色であればフォーマルなビジネス向きになります。
ある意味、ネイビーよりも色としては地味な印象がベースになるため、ワイシャツやネクタイの色、柄とのコーディネイトで異なる印象を与えることができる色です。
そのため、カジュアルにも使えるスーツの色といえるでしょう。

価格:(税込 113,400円)
ブランド:タリアトーレ

ジャケパンならタリアトーレ!おすすめする理由や取扱い店舗とは?
イタリア生まれのタリアトーレはジャケットスタイルで有名な世界的ブランドです。タリアトーレについて、ジャケットやスーツを中心に、着こなしから評判・販売店舗までを徹底解説。ジャケットとの相性が抜群なジレやチェスターコート等についても紹介。

人気が高く安定感が溢れる色といえばブラック

若い世代のビジネス向けスーツとして人気の色です。
リクルート用として購入後、入社してからも着続けている方が多いからかもしれません。
ブラックはフォーマル度が高い色で、喪服・礼服として使われていることでも分かります。
ただし、喪服・礼服とブラックスーツの違いは、前者が光沢を抑えたドスキンという毛羽だった生地なのに対し、後者は一般的な生地を使い、それなりのテカりもある点です。
並べて色の違いを比べてみれば一目瞭然なほど同じ黒でも色が違うことが分かります。
難点はシャツやネクタイとのコーディネイトが難しいこと。
スーツ以外を派手目にすると、ビジネススーツっぽくなくなりますし、地味にすると喪服・礼服に間違われやすいからです。

価格:(税込 299,160円)
ブランド:Belvest(ベルベスト)

落ち着いた印象を演出するならダークブラウン

寒くなってくると、ビジネスシーンを含めて着ている人が増えてくるスーツの色です。
落ち着いた印象を与えますので、貫禄というか年齢より上に見せたい時に着ると効果を期待できます。
勝負所となるようなビジネスシーンで、ダークブラウンのスーツを着て、どっしりと構えて臨むようにすれば、色の効果通りに進む可能性もあります。
とはいえ、寒い時期には温かそうに見えていいのですが、暑くなってくると嫌 がられる色なうえ、シャツやタイとのコーデも難しくなるので要注意です。

価格:133,920円
ブランド:カノニコ

オーダースーツの人気おすすめブランド『CANONICO-カノニコ-』!コスパや値段相場を徹底紹介!
オーダースーツの人気おすすめブランド『カノニコ』の気になるコスパやお値段相場を徹底紹介しています!

スーツの色番外編5淡い色のスーツ

ライトグレーやライトブルー、さらにはベージュなどのスーツは、さわやかに見えるので、20~30代前後の若い世代にはいいかもしれません。
ただしビジネスシーンには向かないでしょう。
マスコミ系などであれば、元気の良さを補うような色といえます。
弱点は汚れが目立つことです。暑い時には涼し気でいいのですが、汚れると目 立つので十分気を付けてください。

価格:(税込 167,400円)
ブランド:ガブリエレ パジーニ(ラルディーニNEWコレクション)

まとめ

ビジネスシーンで効果がありそうなスーツの色と、それぞれの効果やシチュエーションなどを説明してみました。
スーツの色による効果は、あくまでも一般的なイメージなので、いつもだれでも同じ効果、というわけにはいきません。
とはいえ、スーツの色の違いで、着ている人物から受けるイメージが変わることが分かったかと思います。
ここぞ、という時に着ていくスーツの色の参考としてみてください。

タイトルとURLをコピーしました