スーツの豆知識

サングラス×スーツ特集!おすすめコーデとアイテム選びの極意とは?

スーツの豆知識
スポンサーリンク

サングラスは夏の時期に、目を守るという意味でも身に着けたいマストアイテムになります。
もちろん、ファッションアイテムの一部として上手に組み合わせて、おしゃれに装いたいものです。
特にスーツとの相性を考えて、どのようにコーデをしたら良いかを解説していきます。

なぜスーツにサングラスが必要なのか?

サングラス スーツ

サングラス×スーツのファッションコーデを解説する前に、そもそも何故、サングラスは必要なマストアイテムとして、位置付けられているのか?
その理由について、まずは、そもそものサングラスがもたらす機能面とファッション性の2軸で解説していきます。

紫外線から身を守る!そもそもの機能的重要性!

仕事柄外に出歩くことが多い人は、目を紫外線から守ることがとても重要になります。
紫外線を長時間浴びていると、目の中にある角膜や水晶体と呼ばれる部分にダメージをもたらすこともあります。
ビジネスマンとして外に出る人であれば、このリスクは高まるのでできるだけ室外に出る時には目を保護する意味で着用したいものです。
また、車を運転する時も、かなり紫外線を浴びることになります。
運転に集中していると、あまり意識しないかもしれないが、かなり長い時間太陽光の下にいることも珍しくないので注意が必要です。

ファッション性としての重要性!

こうした機能面だけでなく、ファッションアイテムとしてもサングラスは活用したいもの。
日本ではあまりサングラスをするのは一般的ではありませんが、欧米ではスーツ姿であっても普通に利用されています。
それだけフォーマルなコーデにも合わせられるアイテムだと言うことで、キツイ日差しの下に裸眼でいると、どうしてもしかめっ面になってしまいます。
そんな表情をして歩くよりは、おしゃれなアイウェアを着けてファッションを楽しんだ方がよっぽどカッコ良いのだ。
ぜひともビジネスシーンでも身に着けられるアイテムのポイントを押さえておこう。

サングラスが似合う人は実践している!男の魅力UPのサングラス選びとは?
サングラスは自分には似合わないと思い込み、敬遠してしまっている人が多くいます。 しかし、実際には顔の形や色に合っていないだけで、選び方を知っていればどんな男性にも似合うアイテムです。 ポイントを押さえてどんなチョイスできるかを確認してみよう。

スーツに良く合うサングラスとは?

サングラス スーツ

スーツ姿にコーデするという前提であれば、やはりビジネスシーンでも違和感のないアイテム選びが重要となってきます。

サングラスのフレームは定番から揃えるのが無難!

まず、サングラスの印象を決める大きな要素であるフレームタイプは、定番スタイルが良いでしょう。
D字型のものやボストンシェイプなどがフォーマルな装いにもしっくりと合います。
そして、色は明るいものは避け、ブラックやブラウンを中心に選び、その際に、クリアタイプにすることもできるので、色の違いというよりも濃さで個性を出すのがポイントとなります。

サングラス選びで重要なフレームの色は?

そして、フレームの色はあまり派手にしない方がまとまりが付きます。
例えば、ブラックやべっ甲を含めたブラウン、そしてシルバーというところです。
スクエア型については小さめのサイズとなるので、ホワイトなどの明るめの色をチョイスしてもそれほど奇抜な感じは出ないので問題ありません。

原則!スーツコーデには落ち着いた印象&控えめデザインのサングラスGood!

このように、ある程度落ち着いた印象を持った控えめのデザインのアイテムがスーツコーデには向いています。
特にDフレームは大人の男性の魅力をアップさせてくれる落ち着きがあり、いろいろなスタイルのスーツとの相性も良好です。
年齢による違いもそうそうないので、若くても落ち着いた年齢でも使えるのもうれしいところです。

ビジネスシーンで気を付けたいサングラスのマナー!

サングラス スーツ

上記のように、デザインや色を押さえることでビジネスシーンでも問題なくサングラスを着用できます。
しかし、業種や相手によっては失礼だと思われてしまうこともあるので、配慮も必要となります。

クライアントの前ではサングラスは外そう!

たとえば、当然ですが、取り引き先や顧客を訪れる場合は、オフィスに入る前に必ず外すことなどが挙げられます。
元々、室外用のアイテムなので室内でも着用していると失礼だと思われてしまう可能性が高いので言うまでもありませんがマナーきちんと守ってこそ、おしゃれの価値を高めましょう。

ミラーレンズは悪影響を与えることもある!

また、ミラーレンズは少なくてもビジネスシーンでは避けた方が良いでしょう。
ちょっと威圧感のある雰囲気になるので、相手からすると近寄りがたい印象に見えてしまいます。
また、ブラックレンズを選ぶ場合には、あまり濃いものにすると目の動きが相手から見えなくなる。これは、相手によっては失礼だと思われてしまうこともあるので、多少薄めの色にすることを顧慮し、サングラスを選びましょう。

SNAPを参考に!スーツ×サングラスのおすすめコーデ集!

サングラス スーツ

サングラスを着けると渋い男という演出ができます。
そのため、スーツもそれに合わせてクラシックな雰囲気がするものを選ぶと、全体的なバランスが良くなります。

Dフレームのサングラスはクールコーデに最適!

たとえば、濃紺にホワイトのシャツ、ネクタイは無地の濃い目の色にして引き締まったイメージでまとめ、ここにDフレームのグラスを着けることで、かなり渋いクールなコーデにすることが可能です。

ネイビースーツにはブラウン系のフレームが相性Good!

色の組み合わせでは、ネイビーなどの青系のジャケットを着ている時は、ブラウン系のフレームやレンズにすると色の対比効果でアクセントが付いてメリハリのあるコーデができます。
また、レンズとフレームの色を変える場合、たとえばレンズはブラックだがフレームの一部にシルバーが入っている場合などは、シルバーに近い色合いのネクタイやグレーのスーツを着るなどのコーデが可能です。
ちょっとした色の組み合わせで、雰囲気が変わってくることを意識しましょう。

サングラス特集!定番の種類・形状・フレームの名称や特徴を総まとめ!
サングラスはファッションに彩りを出してくれるマストアイテムになります。 実にたくさんの種類があり、フレームの形状やレンズの違いによって見た目がかなり変わってきます。 そこで、それぞれの名称と特徴を押さえ、どのようにコーデに使えるかを見てみよう。