スーツの豆知識

【デキる男が実践するスーツの着こなし】ジャケットボタンの正しい留め方!

スーツの豆知識
スポンサーリンク

スーツの中でも小さなパーツであるボタンは、こだわると意外と面白、個性を発揮できる大事なポイントになります。
ボタンでジャケットをどのように閉めるかというマナーもあるため、礼儀として覚えるべきこともあるので、ボタンについての理解を深め、デキる男を演出しよう。

スーツのジャケットボタンの留め方にはマナーがある!

スーツ ジャケット ボタン

スーツには身頃正面と袖にボタンが必ず付いています。
これらのボタンの存在は、まず閉めるという機能的な意味合いがあるが、同時に装飾としての役割も果たしています。
そのため、使い方によってオシャレな着こなしもできるようになり、また、スーツは長い歴史の中で生まれてきた服であるため、いろいろなマナーも存在します。
当然、服の前を閉めるのにボタンをどう留めるかについてもマナーがあるので、それを押さえておくのはデキる男として大事なポイントとなるので押さえておこう。

ジャケットを作るブランドとしても、ボタンで服の前をどう閉めるかを意識して作っています。
そのため、マナーに合わない使い方をしてしまうと、相手に変な印象を与えてしまうだけでなく、見た目にもカッコ悪いということになるので注意が必要です。
より魅力的な自分を演出するためにも、ボタンの留め方は基本的なこととして理解しておきましょう。

スーツの着こなしは5つの原則で決定!男性ビジネスマン必見の基本とは?
スーツの着こなしは、春夏秋冬によって異なります!イタリア人のコーデも参考に、あなたの体系や個性を引き出す5つの原則を特別大公開!スーツの着こなしはコディネートだけじゃない!!ジャケット・パンツ・ネクタイ・ワイシャツ・ベルト・靴下 etc・・・ビジネスマン必見!気になるパーツごとの基本原則とは?

ボタンの数やスーツの種類に応じて異なる!

スーツ ジャケット ボタン

ボタンをどのように留めるかは、ボタンの数によって異なります。
クラシックスタイルのジャケットの場合、ボタンは2つか3つであり、この場合は、一番下の一つを残してボタンを留めるというのが基本となります。
つまり、3つボタンであれば上2つを留め、2つボタンであれば一番上だけを留めるといった具合になります。
ただし、3つボタンスーツについては、スーツの種類によって違いがあるので注意が必要です。
イギリス式のスーツの場合は、3つボタンであれば前述の通り、2つを留めるように作られている一方で、イタリアンスタイルに多い「段返り」という襟になっているジャケットの場合は、一番上も開けて、真ん中のボタン一つだけを留める仕様になります。
段返りの襟は、購入した時から一番上のボタンホールが裏を向いている状態となっており、ボタンも付けられているが、あくまでも装飾のためのアイテムとなっています。

ダブルスーツの場合は、左右に2つずつ合計4つのボタンが付いていることが多く、当然、自分から見て左側の2つのボタンは留められないので、装飾としてそのままにしておきましょう。
右側の2つのボタンは2つとも留めても良いが、上だけにして下は外しておくというのも一つの着こなし方で、かっこいい。また、ダブルのジャケットの場合は、右側の身頃の先にもボタンホールが付いています。
これは中に入り込んだ身頃が動かないようにするものなので、留めておいた方がシワが寄らずに綺麗に見えます。

ダブルジャケットは内側のボタンで留めているため、身頃が動きにくい構造になっています。
そこで、一つの着こなしの仕方として、あえて下側のボタンだけを留めるという手もあり、上のスペースがオープンになるので、ダブルでも柔らかい印象が出てバランスが良くなります。
ただし、リラックスしたシーンでの着こなしとなるので、商談などの大事なビジネスシーンではしない方がマナーに適しています。

ダブルのスーツはダサい?シングルとの比較やラペル幅など徹底検証!
ダブルのスーツは本当にダサい?シングルとの比較やラペル幅等、様々な違いを大検証!現在ダブルのスーツは若者の流行スーツですがフォーマルな場やバブル期のスーツ等、今だに限定的な印象を持つ方も多いようです。そこでシングルとの着方の違いやマナーをはじめ、シュチエーションの違い、ベントやボタン数等、基本的な違いや意味も掲載中!

スーツに合わせるベストのボタンはどう留める?

スーツ ジャケット ボタン

出典:グローバルスタイル公式

スリーピーススーツの場合は、ベストの着こなしも理解しておく必要があります。
基本的には、すべてのボタンを留めて服の前を閉めるのがマナーとなりますが、ただし、ベストによっては一番下のボタンが離れた位置に取り付けられていて、装飾用として機能しています。
この場合は、留めることができないのでそのままにしておくと良く、そして、ベストをしている時、ジャケットはボタンを留めないのが習慣となっています。
また、礼装の中にはスリーピースでもジャケットの前を閉めるタイプのものがありますが、一般的に着られているスーツでは開けたままにしておいた方が良いでしょう。

実践したくなる!スリーピーススーツのおしゃれな着こなしとは?
スリーピーススーツのおしゃれな着こなしについて徹底解説致します!ツーピースとスリーピースの違いをはじめ、デキる男が実践しているスリーピースのマナーや、今おすすめしたいスリーピーススーツ3選など、幅広くおすすめ情報を掲載中!

デキる男の着こなしはこれ!参考にしたいイタリアコーデとそのポイント!

スーツ ジャケット ボタン

ボタンの使い方がうまいのがイタリア男です。
単に服の前を閉めるという機能だけに終わることなく、ボタンで遊んで着こなししており、前述した「段返り」というのも、イタリアコーデならではのボタンの使い方になります。
3つボタンをすべて留めるとVゾーンの形が窮屈に見えてしまうこともあるが、段返りにすることによって柔らかい雰囲気を印象付けられるようになっています。

もう一つユニークな着こなしは、襟のボタンになります。
一部のジャケットでは、襟のボタンも外せるようになっており、そこで、3つか4つ付いているボタンの一つをあえて外しておくというのも、粋な着こなしと言えます。
スーツを着慣れている感をさりげなく出せる。目立たない部分のこだわりでもあるので、相手が気づいてくれたらオシャレに敏感と判断して、スーツ談義を始めることも可能です。

イタ男に学ぶジャケパンコーデ術!色合いやカジュアルコーデの極意とは?
イタリアオヤジから学ぶジャケパンの組み合わせについておすすめコーデを総まとめ!春先から夏にかけ多く見られるジャケパンでの組み合わせですが、あなたをより魅力的な男性へと演出する色合いやアイテム選びのコツを掲載!ベルトやネクタイ・スニーカーなど、小物の活用方法も伝授。合わせてジャケパンスタイルにおすすめの人気ブランド4選も紹介!

まとめ

小さなアイテムのボタンも、スーツの印象を左右する大事なパーツになります。
生地の色や柄に気を配るのも良いが、ちょっとしたこだわりを楽しめるこのパーツにも注目したいところです。
また、マナーとも言える習慣もあるので、ビジネスの場で相手に良い印象を与えるためにも、しっかりと正しいボタンの留め方を知っておくことは肝心になるので、小さなパーツとあなどらず、大人の男性として常に気を配るようにしよう。